皇室の菩提寺・泉湧寺 〜布忠写真館〜

その2、月輪陵

月輪陵。つきのわのみささぎ、と読みます。

月輪陵の参道案内

前のページで紹介した泉の前に、「四條天皇外二十四方御陵参道」とある案内。この前を通って境内の右端を奥に進むと・・・
(写真をクリックすると拡大します)。

四條天皇外二十四方の名

・・・月輪陵の前の門のわきに、どんな方がこの御陵にいらっしゃるのかが掲示されています。
(写真をクリックすると拡大します)。

こちらが正面から見た写真ですが、よく考えると、どの天皇の名よりも「宮内庁」の字が大きいというのもなんだか。

月輪陵の入口

上の写真の掲示の左側が、御陵への入口。奥に見えるのが御陵拝所です。
(写真をクリックすると拡大します)。

御陵拝所

御陵拝所です。このむこうが御陵で、四條天皇のほか二十四方の御陵と、お寺の歴代長老のお墓があるとのことです。
(写真をクリックすると拡大します)。

もちろん中は見ることができません。本堂の売店にあった絵葉書や写真集にも、御陵の中を写したものはありませんでした。唯一、山門の入口で参拝料を納めたときにもらえるパンフレットに寺域の空撮写真があり、そこにちらっと御陵の中が写っていました。

参考:泉涌寺に埋葬されている天皇皇族

上の2枚目の写真にお名前のある天皇皇族は次の三十九方。

四條天皇[月輪陵]第87代。四条天皇とも。
後水尾天皇[月輪陵]第108代。
明正天皇[月輪陵]第109代。
後光明天皇[月輪陵]第110代。
後西天皇[月輪陵]第111代。
霊元天皇[月輪陵]第112代。
東山天皇[月輪陵]第113代。
中御門天皇[月輪陵]第114代。
櫻町天皇[月輪陵]第115代。
桃園天皇[月輪陵]第116代。
後櫻町天皇[月輪陵]第117代。
後桃園天皇[月輪陵]第118代。
光格天皇[後月輪陵]第119代。
仁孝天皇[後月輪陵]第120代。
陽光太上天皇[月輪陵]誠仁親王。後陽成天皇の父。没後に追尊された。
後水尾天皇皇后和子[月輪陵]
霊元天皇皇后房子[月輪陵]
東山天皇皇后幸子女王[月輪陵]
中御門天皇女御贈皇太后尚子[月輪陵]
櫻町天皇女御尊称皇太后舎子[月輪陵]
桃園天皇女御尊称皇太后富子[月輪陵]
後桃園天皇女御尊称皇太后維子[月輪陵]
光格天皇皇后欣子内親王[後月輪陵]
仁孝天皇女御贈皇后繋子[後月輪陵]
仁孝天皇女御尊称皇太后祺子[後月輪陵]
後土御門天皇[灰塚]第103代。
後柏原天皇[灰塚]第104代。
後奈良天皇[灰塚]第105代。
正親町天皇[灰塚]第106代。
後陽成天皇[灰塚]第107代。
光格天皇皇子温仁親王[墓]
光格天皇皇子悦仁親王[墓]
仁孝天皇皇子安仁親王[墓]
陽光太上天皇妃晴子[墓]
後陽成天皇女御中和門院藤原前子[墓]
後水尾天皇後宮壬生院藤原光子[墓]
後水尾天皇後宮逢春門院藤原隆子[墓]
後水尾天皇後宮新広義門院藤原国子[墓]
仁孝天皇後宮新待賢門院藤原雅子[墓]

「四條天皇外二十四方」というのは、上記のうち月輪陵または後月輪陵とある二十五人の方々。
「灰塚」とある5人の方は、御陵は深草北陵

同じ泉涌寺内の、観音寺陵【かんおんじのみささぎ】に第86代・後堀川天皇が、後月輪東山陵【のちのつきのわのひがしのみささぎ】に第121代・孝明天皇がいらっしゃいます。

戻る 次へ