皇室の菩提寺・泉湧寺 〜布忠写真館〜


一度は行ってみたいと思っていた、京都の泉湧寺【せんにゅうじ】。2008年11月21日、社員旅行で京都に行った折に自由行動で足を運ぶことができました。

皇室といえば神道、というのは常識ですが、明治維新より前には、歴代天皇をはじめ多くの皇族がお寺に埋葬されています。
京都東山の泉湧寺では、天智天皇と光仁天皇から、南北両朝の天皇を含め、昭和天皇までの位牌を安置しているほか、境内にある月輪陵【つきのわみささぎ】には、鎌倉時代の後堀川天皇、四条天皇、江戸時代の水尾天皇から幕末までの25人の歴代天皇の陵墓があって、今も皇族方の参拝があります。
泉涌寺の公式ホームページはwww.mitera.org。皇室との深いかかわりから「御寺【みてら】」とも呼ばれていますが、URLも「mitera.org」です。

もちろん御陵に入ることはできませんが(「御陵に入るということはできないまでも、一目でも見られないか」と思ったのですが、やはり覗くことはできませんでした)、せっかく行ってきたので写真をアップします。

泉湧寺・大門

泉湧寺の大門(写真をクリックして中へどうぞ)