よかった探し2009

2009年の目標

祈りのテーマ。

エルサレムの平和を求めよう。
「あなたを愛する人々に平安があるように。
あなたの城壁のうちに平和があるように。
あなたの城郭のうちに平安があるように。」(詩篇122:6-7)

信仰生活のテーマ。

神から招かれたのですから、その招きにふさわしく歩み、一切高ぶることなく、柔和で、寛容の心を持ちなさい。(エフェソ4:1-2)

1月のよかったこと

今年最初にしたことが礼拝だったこと

去年に続き、となり駅の近くにあるカトリック教会で1月1日午前0時から新年ミサに出席。不慣れなカトリック教会に1年ぶりの出席ということで、相変わらず「きょとん」としていることが多かったのだけど、今年も主に礼拝をささげることで一年を始めることができました。

聖書を読んでみよう」のページが20万ヒットを超えたこと

1月15日のBLOG

4月のよかったこと

聖書連想クイズを始めたこと

前々からあたためていた構想を実現できました。最初はJavascriptで作成しましたが、のちにPerlでCGI化しました。

⇒聖書連想クイズ

6月のよかったこと

ベッテルハイムを知ったこと

今年2009年はプロテスタントの日本宣教150年ということでお祭り騒ぎもありましたが。
このプロテスタント150年というのについてネットを調べていたら、実は150年前に「本土で」プロテスタント宣教が始まる以前に、琉球でプロテスタント宣教が行われていたというのを偶然知りました。宣教したベッテルハイムというユダヤ人クリスチャンについてにわかに興味が出たところで6月に教文館でフォーラムがあり、参加。歴史好きとしても大いに勉強になりました。
将来もし「プロテスタント200年」を祝うことがあるなら、その時には、横浜長崎に始まる「本土宣教」だけを「日本の」と強弁するのではなく沖縄から数えて祝えるといいなぁ。でもその前に一年でも一日でも早く再臨があるといいなぁ。

8月のよかったこと

メールマガジン「聖書を読んでみよう」でルツ記を終わったこと

3月に士師記を終了し、4月に始めたルツ記も8月で終了しました。9月からサムエル記をはじめることができましたが、こちらがまたペースダウン中。がんばらねば。

9月のよかったこと

自転車で房総半島を縦断したこと

千葉から犬吠埼に出て野島崎まで南下、1日半かけて現在までで私の中の最長不倒となる280kmを走りました。
…房総半島一周を目指したのだけど、途中でギブアップになり、なんとか野島崎まで走って縦断達成にした、というのが本当のところなのですが。いつか一周するぞ。

⇒自転車の部屋

PerlでCGIを始めたこと

ずいぶん前から興味はあったのですが、機会あってPerlを始めました。やってみたらそんなに難しくなくて、これならもっと早く始めればよかったです。

⇒Perlの部屋

10月のよかったこと

アジア・メシアニック・フォーラムに参加したこと

10月に大阪で二日間、東京で二日間行われたこのフォーラムの、東京での集会にすべて出席することができました。
本当にいろいろなことがあってすばらしかったのだけど、一番すばらしかったのは、最後の相互祝福。異邦人キリスト者がユダヤ人キリスト者を祝福し、ユダヤ人キリスト者が異邦人キリスト者を祝福したのだけど、なんというか、とてもとても大きなものに包まれたというか満たされたというか、「イスラエルを祝福する者は神から祝福されるというのは、本当のことなんだなぁ」と体感しました。

11月のよかったこと

今上天皇ご即位20年の記帳に行ったこと

平成21年11月12日、平成の御世の今上陛下のご即位20年が祝われました。記帳所が設けられるということで、皇居の宮内庁へ。
今上陛下は先帝陛下の崩御後すぐに即位なさったわけですが、平成元年11月12日にも儀式がひとつあって、平成11年11月12日に即位10年を祝ったのを踏襲したとのこと。この10周年の頃の私は、皇室というものについてネガティブな考えしか持っていなかったわけで、我ながら変わったなぁと思います。「大人に言われたから」とかではなく、ちゃんと自分で聖書を読んで自分で考えるとういのが、やっぱり大事なんだろうな。

レンタルサーバを引越ししたこと

ドメインの移管と同時にやって、少しドキドキしましたが無事に完了しました。「考えてみると、自分がやりたいことはもう少し料金の安いところのサービスでもかまわないんだよな」という、これまで使っていた業者に対する不満というよりは今までがオーバースペックだったというところです。某Y社さん、お世話になりました。某F社さん、よろしくお願いします。


よかった「重大ニュース」

年末によくある「今年の重大ニュース」ですが、いつもいつも暗いニュースばかり。そこで勝手に「よかった重大ニュース」を。

今上天皇陛下、皇后陛下、御成婚五十年。4月10日。

金婚式、ですね。おめでとうございます。50年前は私は生まれていませんでしたが、「ミッチーブーム」というのはものすごかったようですね。
50年に一度のこの慶事に記帳にもいけなかったのは残念に思うことになりそうですが、両陛下の健康が守られ、ご一家の上に祝福があるように、お祈りします。

秋には今上陛下の御在位20年がありますが、いずれもランキングに入れるのは失礼かと。以下は勝手にランキング形式で。

1位:ハドソン川に旅客機が墜落し、全員無事。1月15日。

1月15日15時半(日本時間16日)、乗員乗客155人を乗せたUSエアウェイズ1549便が、バードストライクによりエンジン停止。チェスリー・サレンバーガー機長はハドソン川に無事に着水させました。ベテラン機長の技術と、着水後に機内を2往復して逃げ遅れのないことを確認した冷静さ。水に落ちたら10分ももたないとされた厳冬期に、翼の上に避難した乗客乗員を救助したフェリーなどの迅速さ。パニックをおこさなかった乗客たち。事件の全容が明らかになったとたんに映画化の話がでたのも驚かないくらいの感動でした。

2位:元SMAPの森且行がGI初優勝。1月28日。

SMAPを脱退し、オートレーサーとしてデビューしてから13年目となる森且行。前年には獲得賞金で全国10位になるまでの実力者になっていたそうで、1月28日に川崎オートで行われた「GI開設57周年記念グランプリ」でGI初優勝。

3位:WBCで日本代表が二連覇。

MLBが本気でなかろうと米国民や米マスコミが注目してなかろうと、日本が初代王者にして二連覇、つまり栄冠を誰にもゆずったことがないということは事実なわけで。

作成:2010年2月1日

布忠.com