お芝居の部屋

坂井のお気に入りの劇団を、1ファンとして紹介するページ。論評できるほど芝居を知らないので、あくまでも「こんなお話しでした。ああおもしろかった(怖かった(ほっとした)))。ぜひ観にいってみてね。」というレベルです。
(これをネタばらししないようにやるのがちょっとたいへんですが)

(このページでは継承を略させていただいています。あらかじめご了承ください。)


劇団I.Q150
(アイキュー・イチゴーマル)

劇団の公式サイト

浮人形

怪談で恋の話となれば、寄席だったら「さて恐ろしや、女の情念」とでもなるところですが、丹野久美子作品はそうはならないのです。

浮人形を見てきました。

東仙台物語

I.Q150初のホームドラマ。ボロ家に暮らす問題を抱えた家族という、リフォームの匠を呼びたくなるようなシチュエーション。そこへ次々と乱入する客(?)たち。王道的な展開にあえて挑んだ、丹野久美子&アイキューの新境地。

(見たけど、まだページつくっていません。)

夜交花

やこうばな、と読む。I.Q150初の二人芝居。人間付き合いの苦手な女と、サボテンの交配に来た花屋の男の、「なんてことないお話し」。
西澤由美子を相手に、井伏銀太郎バージョンと茅根利安バージョンを見ました。

夜交花を見てきました。

夢幻少女

「俺は男だから」「あたしは女だから」すれ違いつづける男と女。
坂井がアイキューをよく見に行っていた頃の代表作。

夢幻少女'99を見てきました。

寝物語

奥州藤原氏の悲恋が現代と重なって。。。

(見たけど、まだページつくっていません。)

月光夜曲

I.Q150にはめずらしく、救いのない作品(に思えた)。
冷め切った夫婦。月の色がヴァーミリオンに染まるとき、何かが蠢きだす。。。

(見たけど、まだページつくっていません。)

眠れぬ夜の羊は少年

劇団初期の名作(だと思う。坂井が始めて見たアイキュー)。
眠りつづける女、マリー。夢オチが許せるのは、これとドグラ・マグラだけ(って、他に表現ないんか!)

丹野久美子趣味趣向公演

女ともだち

劇団内プロデュース作品。寝込んでいる”お水”の部屋に、夫に不倫された女と、不倫している女がやってきて。。。

女ともだちを見てきました。


井伏銀太郎プロデュース作品

ROUGE 〜るーじゅ〜

Gin's Barを主催する井伏銀太郎がまだ劇団I.Q150に在籍していた当時にプロデュースした二人芝居。「女の子みたいに育てられたメイクアップアーティスト」と「女女したのが嫌いな下着デザイナー」が映画の話しをするうちに、男の感性と女の感性が、男の気持ちと女の気持ちが。

ROUGEを見てきました。


以上は、とりあえず坂井が見た作品です。見てない舞台もいくつもある。なにしろ子供ができて以来、休日は家族サービスのためにあるもので。…などと言っているうちに、昔から知ってる役者さんがだんだんいなくなってきた。新しい役者さんにもっと目を向けてかなきゃ。
それはそうと、ページを作ってない昔の作品の紹介、早くなんとかせにゃ。