自転車の部屋

ああ情熱のサイクリング・ブギ
ああ憧れのサイクリング・ブギ
(サディスティック・ミカ・バンド)

自転車が好き

車の免許を持っていない、というのが幸いしてか、このところ自転車ででかけるのが楽しいのです。
(バイクはいわゆる中免を持ってますが、学生時代に勢いで合宿に申し込んだもので、免許取得以来バイクもスクーターも所有したことがありません。なんのために取得したんだか。)

マンガ「シャカリキ」が好きだったというのと、2008年頃に同じ現場で働いてた若い人から自転車でどこでも行ってしまうという話を聞いたりしているうちに、父からおさがりのMTBをもらったのがきっかけとなりました。

私の自転車愛のひとつとしては、チャリとかチャリンコとは呼ばないというのがあります。こだわりというほどではなく、自然と「じてんしゃ」とだけ呼びます。
戦後くらいまで「子供のかっぱらい」のことを指してチャリンコと呼んでいた、という雑学を昔から知っていたのもあって(たしか「はだしのゲン」で読んだ記憶が)、今ほど自転車好きになるよりずいぶん以前からチャリンコという言葉が好きではなかったもので。

いつも行っている教会に、自転車ツーキニストがいるので、その人に会うたびに「教会に自転車部つくろう」などと言っています。


愛車

高滝湖を背景に愛車

前述の、父からもらったMTBです。ロードタイプなどに比べれば重いし、手に入れた時点でスポークなどもボロボロにさびていたし、ギアはガタピシャいうし、それでもミニサイクル以外では久しぶりのスポーツ車。

駅の駐輪場でサドルを盗まれて、サドルを新調したのがきっかけで、こまごまと付け足したりするうちに愛着が増してきました。もちろんそれ以来、駅には停めなくなりました。

愛称は「バッカス2世号」です。キャプテン・ジョーが駆るバッカス3世号にあやかって、今このページを書きながら決めました。
(キャプテン・ジョーとかバッカス3世号って、わかる人いるのかなぁ。当時は「宍戸錠がいちばんかっこいい」と思っていた小学生でした。)


ホームコース

内房線八幡宿駅が最寄なので、基本的にここが基点となります。で、ホームグランドならぬホームコース(というわりにはまだ3回しか走っていませんが)が、八幡宿から、上の写真に写っている高滝湖までの往復です。

五井方面から館山道をくぐると、初心者には適度なアップダウンが始まります。上総牛久駅付近で清澄養老ラインに入り、読売レイクサイドCC入口の丘越えをクリアすると、高滝ダムが湛える湖面にたどりつきます。

往復で約50km。

今まで3回走りました。はじめてのときは、丘越えのとき「帰りにこれ越えられるのかな」と不安になりました。

2回目のときは往路から「あの上りがなぁ」と不安でした。

3回目は、「市原市と茂原市の境の山を越えたのに比べたらね」と思えるようになりました。チャレンジ性は低下したけど、ホームコースと呼ぼうと思うくらい馴染んできました。


サイクリング歴

2009年10月12日、市原市八幡~都内葛飾区新小岩往復。総走行距離 82.95km。
教会関係のイベントで、新小岩バプテスト教会まで往復しました。
10月12日の分のBLOG

2009年10月4日、市原市八幡~高滝湖。総走行距離 約50km。
礼拝に行く前に、久しぶりに高滝湖へ。
内房線八幡宿駅付近 ⇒ 平成通りを南(五井方面)へ ⇒ 市役所通りを東へ ⇒ 交差点「市原市役所入口」から297号に入りひたすら南下 ⇒ 市原高校の前で小湊鉄道を渡り、一瞬409号を西へ ⇒ 上総牛久駅の東南から始まる県道81号「清澄養老ライン」を南下 ⇒ 千葉レイクサイドCCの前の丘越え ⇒ 交差点「高滝小入口」を左折 ⇒ 高滝小前を通過すると湖面が見えてきて、湖をわたる加茂橋の西側のたもとの高滝神社前でゴール。

2009年9月21-22日、房総半島縦断。総走行距離 287.30km。
(房総半島一周を目指したものの、あえなくギブアップ)
5:15、八幡宿出発
5:50、千葉ポートタワー着
12:15、銚子ポートタワー着
犬吠埼を経て、九十九里を南下
日も暮れ、江波戸の24hマックで仮眠
午前1時にリスタートし、夜間走行
鴨川で、海からのご来光。
8:00前に、道の駅「ちくら潮風王国」に到着
野島崎灯台で記念撮影後、道の駅「南房パラダイス」で終了。


雑記帖

シャカリキ!

上で触れた「シャカリキ!」は、「天才を描かせたら天才」と言われる曽田正人が、1992年から1995年に週刊少年チャンピオンで連載していた自転車漫画。
2008年には実写映画にもなりました(が、TVコマーシャルで「そのセリフだけはない」というカットを見てしまったので、映画館に行くほどじゃないなぁと思ってしまいました。DVDが出たらレンタルを考えます。)

個人的には、自転車マンガの草分けと思ってます。廉価版で読み直して以来、上り坂となるとシフトアップしたくなるようになったのが困りものですが(足がついていかないっつーの)。

サイクリング・ブギ

このページ冒頭の「サイクリング・ブギ」は、サディスティック・ミカ・バンドが歌っていた歌の曲名から拝借しました。「サディスティック・ミカ・バンド ライブ・イン・トーキョー1989」収録の「BOOGIE MEDLEY」の1曲目です。

(だからと言って管理人はこの歌のように、赤いチェックのシャツとか、マンボ・ズボンとか、白いマフラーとかを着けて銀座を走っていたりはしないです。そもそもマンボ・ズボンというのがどういうものかも知らない。という以前に、そんなに大勢が見るわけでもないこのページをそれでも見てくれた人で、この曲を知っている人がどれだけいることやら。)

作成:2009年10月13日
更新:2009年10月15日

布忠.com