MILEHIGH SALUTE!

デンバー・ブロンコスの戦績 2009シーズン

終身HCと思われたマイク・シャナハンを昨季限りでリリースし、新HCジョシュ・マクダニエルズ体制の一年目。
そのマクダニエルズのトレード策がもとで、エルウェイの後継者として育ってきていたQBカトラーとチームの間に溝が。結局トレードは失敗、しかしカトラーはチームを去ってベアーズへ。交換でベアーズからオートンを取ったものの、マクダニエルズの当初構想からは大きく逸れているような。
新ヘッドコーチ、新QBという新体制のシーズン。シャナハンを切った以上は、昨年の8勝を上回るのは当たり前として、地区優勝が必須だと思うのだけど、どうなるどうなる。

ブロンコスの2009シーズン
相手結果メモ
1 at
シンシナティ
○ 12-7

第3Qおわって得点がロングフィールドゴール2本のみ。第4Qに逆転TDを奪われるも、終了間際に再逆転し、マクダニエルズ指揮での初陣をなんとかかろうじて白星に。

AFC西地区順位
DEN1-0○ 12-7 CIN
SD1-0○ 24-20 OAK
KC0-1● 24-38 BAL
OAK0-1● 20-24 SD

【AFC西】開幕週マンデーナイトでOAKとSDが対戦。シーソーゲームの末にSDが勝ち、4年連続地区優勝へ白星発進。

【その他の注目チーム】PITはTENに13-10(OT)で、INDはJACに14-12で、NEはBUFに25-24で、僅差ながらそれぞれ勝利。
昨年全敗のDET、NOに27-45で破れ、一昨年から18連敗。

2vs
クリーブランド
○ 27-6

試合開始のキックオフでブロンコスのリターナーHillisがいきなりファンブルロストしFGを奪われたが、すぐにファンブルリカバーを返して敵陣9ydからの攻撃からTDパスで逆転。守備陣がQBサック4、ファンブルリカバー2、インタセプト1を奪ってTDを許さなかった。

AFC西地区順位
DEN2-0(2連勝)○ 27-6
SD1-1● 31-26 BAL
OAK1-1○ 13-10 KC
KC0-2(2連敗)● 10-13 OAK

【AFC西】SDに早くも土。OAKは開幕週にはSDに破れたが今週はKCに逆転勝ち。KCはパッツから獲得したM.Casselを第2週から先発させたが、241yd,1TD,2INT,2sck。
(ブロンコスがQBカトラーを失ったのはHCマクダニエルズがM.Casselをパッツから獲得するためにしかけた三角トレードでカトラーをトレード要員としたためだった。)

【その他の注目チーム】PITはCHIに14-17で逆転負け。カトラーが2TDでCHIの今季初白星に貢献。
INDはMIAに27-23で勝ち2連勝。NEはNYJに9-16で破れ1勝1敗に。ブレイディは216ヤード0タッチダウン。
ARIはJACに31-17で勝って今季初白星。
DETはMINに13-27で破れ、記録を19連敗に更新。

3at
オークランド
○ 23-3

【短評】Ortonは2試合連続サックなしの割りに3試合目にしてパスが200ydに届かなかった。Buckhalterは今季初のover100ydラッシュ。しかし開幕3連勝の立役者は守備で、2インタセプト、1ファンブルリカバでOAKを137ydしか進ませず0TDに抑えた。

AFC西地区順位
DEN3-0(3連勝)○ 23-3
SD2-1○ 13-23 MIA
OAK1-2● 3-23 DEN
KC0-3(3連敗)● 13-34 PIT

【AFC西】Tomlinsonを怪我で欠くSDだが、Weddleの31ydインタセプトリターンTDなどで辛勝。
KCは先週に続きM.Casselが先発、2TD(13yd,35yd)だがトータル90yd。ランもトータル2桁ヤード。守備は計420ydを失った。

【その他の注目チーム】INDはARIに31-10で勝利。AFCで全勝はほかにDEN,NYJ,BALの4チーム。NFCではNYG,MIN,NOの3チーム。
DETライオンズついに連敗脱出!WASに19-14で、昨年全敗を含む一昨年からの連敗記録を19でストップ。

4vs
ダラス
○ 17-10

【短評】開幕4連勝でAFC西地区独走中。10点を先制されたがその後は0点に押さえ逆転勝ち。
Ortonは3サック。今季初の2TDパスというスローペースだが、ここまで4試合で0インタセプトというのは安定感。
RBのMorenoは初のルーキーオブザウィークを受賞

AFC西地区順位
DEN4-0(4連勝)○ 17-10
SD2-2● 28-38 PIT
OAK1-3(2連敗)● 6-29 HOU
KC0-4(4連敗)● 16-27 NYG

【AFC西】3年連続地区優勝のSDが早くも2敗。PITに一時は28-0とリードされ、追い上げるも届かず。復帰したTomlinsonは7回15yd0TD。
KCは開幕3連勝のNYGに16-27で負け。M.Casselは32回15成功127yd2TD。
OAKはHOUに6-29、2試合連続でTDなし。

【その他の注目チーム】先週まで全勝だったうち、NYJとNOの直接対決はNOの勝ち、INDはSEAに圧勝、BALはNEに21-27で惜敗(このNEとDENが次週対戦)。MINはマンデーナイトでGB戦、Farveが古巣相手に271yd3RDを投げ勝利。開幕4連勝はDEN,IND,NYG,NO,MINの5チームに。

5vs
ニューイングランド
○ 20-17

チームを牽引してきたDENディフェンスの真価が問われたNE戦は、Bradyに2TDを通されたが215ydに押さえ、延長FG勝利につないだ。Ortonは今季初のインタセプトをくらったが、今季初の300yd超え。3週に100ydを超えたBackhalterはIL.

AFC西地区順位
DEN5-0(5連勝)○ 20-17
SD2-2bye
OAK1-4(3連敗)● 7-44 NYG
KC0-5(5連敗)● 20-26 DAL

【AFC西】 KCは4Qに追いついたがOTで60ydTDパスを決められ初白星を逃がした。
OAKはRussellが13投8成功100yd、0インタセプト3ファンブルロスト。ダウン更新OAK7回,NYG27回。

【その他の注目チーム】 前週まで全勝のうち、INDはTENに31-9で勝利。MINはSLに38-10で勝利。NOはbyeだったので、5チームとも全勝キープ。

6at
サンディエゴ
○ 34-23

Mondaynight Game
昨年まで爆発的攻撃力と形容されたチャージャーズにも、ブロンコス守備は機能した。パスはそれなりだが、Tomlinson要するSDラン攻撃を73ydに抑え、今季いまだラン100ydを許していない。

AFC西地区順位
DEN6-0(6連勝)○ 34-23 SD
SD2-3(2連敗)● 23-34 DEN
OAK2-4○ 13-9 PHI
KC1-5○ 14-6 WAS

【AFC西】KCは今季初勝利、OAKも連敗を止めた。
KCは今季初勝利。ダウン更新がKC16回,WAS7回という守備合戦の中、FGの応酬(KCが1FG先制,WASが2FGで逆転,KCが3FGで再逆転)の末、KCがセーフティでとどめ。

【その他の注目チーム】 前週まで全勝のうち、NOとNYGの直接対決は48-27でNOの勝利。MINはBALに33-31で4Q逆転勝利。INDはbye。これで全勝はDEN,NO,MIN,INDの4チームに。

7bye
AFC西地区順位
DEN6-0bye
SD3-3○ 37-7 KC
OAK2-5● 38-0 NYJ
KC1-6● 7-37 SD

【AFC西】 先週、開幕からの連敗をとめたKCは、SDとの同地区対決を惨敗。OAKはNYJに完封負け。

【その他の注目チーム】 全勝クラブのうちINDはSLに42-6で大勝。NOはMIAに3Q終了時で10点ビハインドだったが4Qに22点をあげ逆転。MINは昨年王者のPITに17-27で敗退。これで全勝はIND,NOとDENの3チームに。

8at
ボルチモア
● 7-30

チームを支えてきたディフェンスが今季初の30点台の失点。しかし失点以外のスタッツは悪くないし、QBオートンも距離は200ydに届かずTDもなしとはいえインターセプトもないからまだ落ち着いているかも。次週のスティーラーズ戦がディフェンスの試金石となるか。

AFC西地区順位
DEN6-1● 7-30 BAL
SD4-3(2連勝)○ 24-16 OAK
OAK2-6(2連敗)● 16-24 SD
KC1-6bye

【AFC西】 SDはOAKに勝って白星先行。OAKは同地区対決を2週連続黒星。

【その他の注目チーム】 INDは4QにSFを逆転し18-14で勝利、NOはATLをマンデーナイトで35-27で破り、ともに全勝。
AFC北は先週黒星のCINにPITが追いつき今週ともに勝って5勝2敗。
NFC北はMINが7勝1敗で独走中。

9vs
ピッツバーグ
● 20-28

Mondaynight Game
1FGを先制するもオフェンスの得点はこれのみ。守備陣は前半こそロスリスバーガーを押さえ込んだが、ここまで7試合で1インタセプトだったOrtonが3インタセプトと乱れては。そろそろ「守備力だけ」では厳しくなってきた。

AFC西地区順位
DEN6-2(2連敗)● 10-28 PIT
SD5-3(3連勝)○ 21-20 NYG
OAK2-6(2連敗)bye
KC1-7(2連敗)● 21-24 JAC

【AFC西】 SDは4Qに1TD2FGで逆転されたが、残り29秒で18yd逆転TDパスで勝利しDENを猛追。
KCは4Qに追い上げたがオンサイドキックを取れず。

【その他の注目チーム】 INDはHOUに20-17、NOはCARに30-20でともに全勝キープ。PITは5連勝で6勝2敗としCINと併走。NEは3連勝で6勝2敗とし、NYJ(4-4)との差をじわり。DALとPHIの相星決戦はDALが勝って1歩リード。PITに破れて連勝が止まったMINは今週7勝目でGB(4-4)との差を広げた。

10at
ワシントン
● 17-27
AFC西地区順位
DEN6-3(3連敗)● 17-27 WAS
SD6-3(4連勝)○ 31-23 PHI
OAK2-7(3連敗)● 10-16 KC
KC2-7○ 16-10 OAK

DENは、今季どん底のはずのWAS(前週までで2勝6敗でNFC東最下位)に破れて3連敗。
SDは、NFC東でDALと熾烈な首位争い中のPHIに勝利。これでSDは2勝3敗から4連勝で、地区首位タイになってしまった。来週の直接対決はDENのホームとはいえ、勢い的にはかなりやばい!?

【その他の注目チーム】 全勝クラブ、INDはNEに一時は7-24とリードされたが、4Qに3TDで逆転勝利。NOは今季まだ1勝のSLを破り全勝キープ。AFC北、CINとPITの直接対決はキックオフリターンTD以外は4本ずつのFGという守備合戦でCINが勝利。

11vs
サンディエゴ
● 3-32
AFC西地区順位
SD7-3(5連勝)○ 32-3 DEN
DEN6-4(4連敗)● 3-32 SD
OAK3-7○ 20-17 CIN
KC3-7○ 27-24 PIT

相星直接対決で、SDに完膚なきまでに叩き潰された。第6週には3.5差で地区首位だったのがこれで陥落。このあと再逆転できる可能性は。。。KCがPITを、OAKがCINを破ったのも、DENではなくSDへの援護射撃だなぁ。

【その他の注目チーム】 INDとNOは開幕10連勝に。

12vs
ニューヨーク

Thursday

13at
カンザスシティ
14at
インディアナポリス
15vs
オークランド
16at
フィラデルフィア
17vs
カンザスシティ
WildCard Weekend
Divisional Playoff
AFC Championship
Super Bowl

チーム名をクリックで、ブロンコスの過去の対戦成績を表示。