デンバー・ブロンコス
vsワシントン・レッドスキンズ

2003年以降の対戦成績
Home結果備考
20055Home○ 21-19

このシーズン、開幕からここまで連勝中だったスキンズを、ブロンコスが止めた。しかし獲得距離はブロンコスの257ヤードに対してスキンズの447ヤードと、ブロンコス今季自慢の守備陣もかなりかき乱された展開。最後はスキンズがタッチダウンの後に2点コンバージョンを狙ってパス失敗したという、ブロンコスとしては薄氷の勝利だった。

200910Road● 17-27
2009年第10週
1Q2Q3Q4Q
DEN1430017
WAS7701327

開幕6連勝したがその後2連敗中のDENにとって、4連敗中で前週まで2勝6敗のWASは、建て直しには絶好の相手、のはずだった。
同点とされた直後、Ortonは自陣25からの1発75ydTDパスをヒットさせ、たしか今季初の1Qで2TDパスという好調発進。しかしWASはパンターH.Smithがパントフェイクからキャリア初のTDパスを決め同点。それでもDENはFG1本リードして折り返す。
ところがOrtonが前半で左足首を痛め、後半から代わって今季移籍してきた2番手Simsが今季初出場。が。パス13回中3回成功13yd0TD1インタセプト、なんとQBレイティングが7.5! 結局DENオフェンスは、後半30分のうちボール支配時間は約9分でダウン更新3回。便りのディフェンスもこの出番の長さでは、今季始めて100ydラッシャーを許したのも仕方なしか。

1Q 12:56, DEN, TD, K.Orton -> B.Marshall 40yd. DEN 7-0 WAS
1Q 06:37, WAS, TD, J.Campbell -> T.Yoder 2yd. DEN 7-7 WAS
1Q 03:46, DEN, TD, K.Orton -> B.Marshall 75yd. DEN 14-7 WAS
2Q 06:39, WAS, TD, H.Smith -> M.Sellers パントフェイク 35yd. DEN 14-14 WAS
2Q 00:07, DEN, FG, M.Prater 24yd. DEN 17-14 WAS
4Q 10:43, WAS, FG, S.Suisham 30yd. DEN 17-17 WAS
4Q 02:49, WAS, TD, L.Bettis 1yd. DEN 17-24 WAS
4Q 01:15, WAS, FG, S.Suisham 35yd. DEN 17-27 WAS

ブロンコスのstats
パス攻撃:K.Orton:18回11成功193yd,TDパス2,被インタセプト0,被サック0,ファンブルロスト0.
C.Sims:13回3成功13yd,0TDパス,被インタセプト1,被サック3回21yd,ファンブルロスト0.
ラン攻撃: K.Moreno:18回97yd,0TD. C.Buckhalter:2回11yd,0TD,1ファンブルロスト.
守備:パス214yd,2TD. ラン:174yd,1TD,
奪インタセプト0回,奪QBサック3回14yd,奪ファンブルリカバー0回.