デンバー・ブロンコス
vsサンディエゴ・チャージャーズ

2003年以降の対戦成績
Home結果備考
20032Home○ 37-13

Plummerが3タッチダウンで0インターセプト。交代したBueurleinも成功率は高くないが98ヤードを投げ、バックアップ体制の質をアピール。Portisも100ヤード超のラン。

11Road○ 37-8

復帰したPlummerが連敗を3で止めた。チーフスはベンガルズにまさかの敗戦で連勝ストップ。

20043Home○ 23-13

Plummerは284td2TD,0インターセプト。しかしランは合計37ヤードに終わった。
勝ったのは守備陣の奮闘だろう。ランは85ヤード1タッチダウンに押さえ、パス守備はQBサック4発で129ヤード、タッチダウンなし。加えて第3Qに、ブロンコスのパント時にチャージャーズに反則があり、ブロンコスの1stダウンで攻撃続行となってタッチダウンにつながったのが大きかった。

13Road× 17-20

先週チャージャーズに首位を明け渡したブロンコスとしては大事な直接対決だったが、3Q終わって7-20。4Q残り9分半までに3点差に追い上げ、残り4分を切って敵陣7ヤードに迫ったが、インターセプトを奪われてチャンスを逸するとその後はチャージャーズ守備に踏ん張られた。
結局、オフェンスは4インターセプトを献上し、ディフェンスは100ヤードラッシャーを許しての敗戦。チャージャーズは6連勝となり、ブロンコスとの差は2勝と開いた。

20052Home○ 20-17

ホームでのチャージャーズ戦はこれでここ11試合で10勝。調子は上がらないながらも相性のよさで、昨年地区優勝のチャージャーズ相手に逆転勝ち。とはいえ残り5秒での41ヤードFGで勝ち越しというギリギリさで、Plummerは248ydを投げるもTDなし1インタセプト、負傷が心配されたAndersonは出場したものの15回49yd0TDで1ファンブルロスト。これで来週、開幕2連勝中のチーフス相手にマンデーナイトで勝てるだろうか。チャージャーズの攻撃を後半は計41ydに抑えた守備に期待。

17Road○ 23-7

消化試合。Plummerも投げたのは前半だけで、後半はホルダーとして出場し、ルーキーのBradlee Van Peltに代わったが、パスは後半合計で7回投げただけ(2回成功7yd)、走ったほうが多かった(10回41ヤード)。ランは他にDayneが13回64yd、Bellが17回52ヤード、Andersonは負傷欠場。守備は計1インターセプト1ファンブルリカバー、7サックだが、チャージャーズもどれだけ本気だったか。

200611Home× 27-35

Plummerは28回投げてパス成功は半分以下の13回で、タッチダウンもなし。

14Road× 20-48

先発QBのCutlerは188ヤード2タッチダウンを投げてインターセプトなしとまずまずの活躍。しかしTomlinsonに103ヤード3タッチダウンを走られ、これで7勝2敗から4連敗。

20075Home× 3-41
16Road× 3-23

Mondaynight Game 前週に地区優勝を決めたチャージャース。ブロンコスはこの試合でシーズン負け越し決定。この年は結局チャージャーズからタッチダウンを奪うことができなかった。

20082Home○ 39-38

第4Q、ブロンコスは敵陣3ヤードからタッチダウンを狙ったがエンドゾーン内でインタセプトされ、リターンされるところをファンブルさせたがチャージャーズにリカバーされた。しかもチャージャーズは自陣9ヤードからのこの攻撃を3プレーでタッチダウンし、残り4:22でチャージャーズが38-31とリード。しかしブロンコスは残り29秒でCutlerからRoyalへの4ヤードTDパスが決まって6点追加、ここで同点を狙わず2ポイントコンバージョンに出て、再びCutlerからRoyalへのパスで成功し39-38と大逆転勝利。2年連続地区優勝中のチャージャーズが開幕2連敗となる一方、ブロンコスは開幕2連勝で単独地区首位となった一戦。

17Road× 21-52

ブロンコス8勝7敗、チャージャーズ7勝8敗で迎えた最終戦。チャージャーズの猛攻の前にブロンコスはなすすべなく破れ、勝率はともに8勝8敗、直接対決はともに1勝1敗となり、地区内勝率で勝るチャージャーズ(4勝2敗)がブロンコス(3勝3敗)を上回って3年連続の地区優勝を決めた。

20096Road○ 34-23
1Q2Q3Q4Q
DEN71071034
S.D10103023

Mondaynight Game 3年連続地区優勝中だがここまで2勝2敗のチャージャーズと、開幕5連勝中のブロンコスとの対戦。
4Qには逆転を狙うSDが4thギャンブルを失敗した直後に駄目押しTDを上げ決着。今季鉄壁のラン守備はTomlinsonを18回70yd0TDに抑えた。

1Q 04:53, S.D, FG, N.Kaeding 20yd. DEN 0-3 S.D
1Q 04:51, DEN, TD, E.Royal キックオフリターン 98yd. DEN 7-3 S.D
1Q 00:11, S.D, TD, P.Rivers -> V.Jackson 3yd. DEN 7-10 S.D
2Q 07:59, DEN, FG, M.Prater 34yd. DEN 10-10 S.D
2Q 06:11, DEN, TD, E.Royal パントリターン 71yd. DEN 17-10 S.D
2Q 02:22, S.D, FG, N.Kaeding 44yd. DEN 17-13 S.D
2Q 01:20, S.D, TD, D.Sproles パントリターン 77yd. DEN 17-20 S.D
3Q 08:02, S.D, FG, N.Kaeding 50yd. DEN 17-23 S.D
3Q 03:48, DEN, TD, K.Orton -> T.Scheffler 19yd, DEN 24-23 S.D
4Q 13:08, DEN, FG, M.Prater 29yd. DEN 27-23 S.D
4Q 03:01, DEN, TD, K.Orton -> B.Stokley 5yd, DEN 34-23 S.D

【ブロンコスSTATS】
K.Orton:29回中22成功,229yd,TDパス2,被インタセプト0,被QBサック1回2yd,ファンブルロスト0.
C.Buckhalter:10回46yd,0TD,ファンブルロスト0.
K.Moreno:18回44yd,0TD,ファンブルロスト0.
守備:パス238yd,1TD.ラン:73yd,0TD.奪インタセプト0回,奪QBサック5回36yd,奪ファンブル1回.

11Home● 3-32
2009年第11週
1Q2Q3Q4Q
SD7671232
DEN00303

6勝3敗同士のAFC西地区首位直接対決。ただしDENは3連敗中、SDは4連勝中と勢いにはかなり差があった。
DENはSimmsが移籍後初先発したが、いきなりQBサックでファンブルロストして先制TDにつなげられる。第2Qなかば過ぎにOrtonを投入してエンドゾーン直前に迫ったがMorenoがファンブルロスト。ここぞという場面で勢いを摘み取られてしまった。

1Q, S.D, TD, P.Rivers -> L.Naanee 2yd DEN 0-7 SD
2Q, S.D, FG, N.Kaeding 28yd. DEN 0-10 SD
2Q, S.D, FG, N.Kaeding 47yd. DEN 0-13 SD
3Q, DEN, FG, M.Prater 23yd. DEN 3-13 SD
3Q, S.D, TD, L.Tomlinson 1yd. DEN 3-20 SD
4Q, S.D, FG, N.Kaeding 28yd. DEN 3-23 SD
4Q, S.D, FG, N.Kaeding 19yd. DEN 3-26 SD
4Q, S.D, TD, M.Tolbert 8yd.(Kick blocked) DEN 3-32 SD

ブロンコスのstats
K.Orton:29投15成功171yd,0TD,1被Int,被QBサック1回7yd,Fロスト0.
C.Simms:4投2成功10yd.QBサック2回18yd,Fロスト1.
K.Moreno:10回80yd,0TD.1ファンブルロスト
C.Buckhalter:7回35yd,0TD.
守備:パス145yd1TD.ラン203yd,2TD, 奪インタセプト0,奪QBサック0,奪ファンブルリカバ0.