今日は何の日
七夕

menu
分類
中国から伝わった日本のイベント。
時期
新暦7月7日。

御存知、夏の風物詩。といっても新暦では本州あたりだと梅雨のさかりですが。牽牛と織女の物語が日本に伝わったものです。現在ではなんでも願い事を短冊に書いて笹に飾りますが、もともとは織女にあやかって裁縫の上達を祈願し、そこからさらに習い事一般を祈願するようになったそうです。サンタクロースと間違えて「○○がもらえますように」とか願っても、牽牛と織女にとっては専門外ということに?

それにしても、銀河を股にかける壮大な物語ですが、壮大ということでは聖書も引けを取りません。宗教の聖典だからしかつめらしい話しばかりかと思いきや、全天は神ヤハウェの支配によって運行しているというのです。


聖書の言葉

神は北斗やオリオンを
すばるや、南の星座を造られた。
(ヨブ記9章9節)

すばるの鎖を引き締め、オリオンの綱を緩めることがお前にできるか。
時がくれば銀河を繰り出し、大熊を子熊と共に導き出すことができるか。
天の法則を知り、その支配を地上に及ぼす者はお前か。
(ヨブ記48章31~33節)

あなたの天を、あなたの指の業を
わたしは仰ぎます。月も、星も、あなたが配置なさったもの。
(詩篇8編4節)

夜をつかさどる月と星を造った方に感謝せよ。
慈しみはとこしえに。
(詩篇136編9節)

日よ、月よ主を賛美せよ。輝く星よ主を賛美せよ。
(詩篇148編3節)

作成:2004年9月1日
更新:2008年6月18日

布忠.com