今日は何の日
降誕祭 - Christmas

menu
分類
キリスト教文化圏のイベント。
時期
12月25日。前夜の12月24日夜がクリスマスイブ。

意味

クリスマス(Christmas)の語源は、キリストにささげるミサ(礼拝)。降誕祭は、神であるキリストがこの世にり、人として生したことを記念します。

「キリスト」はギリシャが英語に入ったものです。クリスマスを略してXmasと書くことがありますが、このXは英字のエックスではなくギリシャ文字のカイで、『キリスト』のイニシャルです。何かを省略しているのではなくXの一文字でキリストを表すので、X'masとは書きません。

12月25日に祝われますが、キリストと呼ばれたイエスがいつ生まれたのかはわかっていません。聖書中のキリスト降誕の記事には羊飼いたちが野宿していたとあるので、少なくとも冬ではなかっただろうとも言われています。つまり「イエス・キリストの誕生日」ではなく、あくまでも「イエス・キリストが世に来たことを記念する日」なのです。
それが12月25日になったのは、キリスト教がヨーロッパに伝わったときに、冬至の祭と合流したのではないかと考えられます。これから昼が長くなるという冬至は、太陽がよみがえる祭だったそうです。このためクリスマスには異教的な要素があるということで、クリスマスを祝わない宗派もあるそうです。なお、12月25日はローマカトリックやそこから分かれたプロテスタントが祝う日で、東方教会(東ローマ帝国の流れのキリスト教)では1月にクリスマスを祝うそうです。

前夜祭としてイブが祝われるのは、昔は日没で日付が変わったことと関係しています。つまり12月24日の夜は、12月25日のイブニングなのです。
というわけで12月25日の夜にはクリスマスは終わってしまっているわけです。ケーキ屋さんは25日の日没を過ぎたら値引きを始めてください。(ただしクリスマスシーズンは、1月6日の顕現日まで続きます。)


関連する祭り

待降節[たいこうせつ Advent]

顕現日[けんげんび Epiphany]


関連記事

クリスマスのページ

作成:2004年9月1日
更新:2013年9月29日

布忠.com