今日は何の日
こどもの日

menu
分類
日本の祝日。
時期
毎年5月5日。

祝日法(国民の祝日に関する法律)では、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」日と定められています。つまり、大人が子供を大事にする日だというのと同時に、子供がお母さんに感謝する日でもあるんですね。知ってました?
ついでに、祝日法では「子供の日」でも「子どもの日」でもなく「こどもの日」なんですね。最近では「供」の字がいけないと言って、「子供」を「子ども」というように、「野郎ども」や「女ども」みたいに見下した表記をするのがはやっているようですが、そんな言葉狩り時代をこの1948年公布・制定の祝日法は見越していた?

もともとは、中国から伝わった習慣、五節句のひとつ「端午の節句」です。雨期である旧暦五月は疫病の流行が多く、厄除けとして門に菖蒲をかざったり、ちまきを食べたり、薬酒を飲んだりしたのが、日本に伝わりました。というわけで、もともとは男児限定ではなく女児も大人もひっくるめての祝日でしたが、江戸時代以来、武者人形などをかざるようになったようです。

鯉のぼりは、滝をさかのぼりきった鯉が龍に変じるという伝説になぞらえ、我が子が苦難に負けず立身出世するようにという願いを込めるものだそうですが、聖書もこう言っています「わたしたちは知っているのです、苦難は忍耐を、忍耐は練達(別の訳では「練られた品性」)を、練達は希望を生むということを。」


聖書の言葉

イエスは言われた。「子供たちを来させなさい。わたしのところに来るのを妨げてはならない。天の国はこのような者たちのものである。」
(マタイ福音書19章14節)


関連する祭り

成人の日

敬老の日

母の日

父の日


関連記事

やさしい聖書のお話し「子供を愛するイエス様」

作成:2004年11月10日
更新:2008年3月24日

布忠.com