今日は何の日
キリスト昇天日

menu
分類
キリスト教のイベント。
時期
復活祭 から40日目(39日後)。
英語表記
Ascension Day

キリストは、十字架で自身を創造者へのいけにえとすることで人間に罪を清算する道を与え、刑死して三日目によみがえることで"死"にも勝利してしまいました。ではその後キリストはどうなったのか。ジェームス・ボンドじゃあるまいし、2度死んだのか?

いえ、多くの目撃者の目の前で、空にのぼっていき、見えなくなってしまったのです。そしてキリストは今も生きていて、創造者ヤハウェの玉座の右に座しているのです。この、キリストが高く昇っていった日を記念するのが「キリスト昇天日」です。

教会では人の死を、天に召し上げられるということで召天(しょうてん)と言います。でもキリストは、召されたのではなく自分で天に昇っていったので、このできごとは同じ「しょうてん」でも昇天と書くのです。


聖書の言葉

こう話し終わると、イエスは彼らが見ているうちに天に上げられたが、雲に覆われて彼らの目から見えなくなった。イエスが離れ去って行かれるとき、彼らは天を見つめていた。すると、白い服を着た二人の人がそばに立って、言った。「ガリラヤの人たち、なぜ天を見上げて立っているのか。あなたがたから離れて天に上げられたイエスは、天に行かれるのをあなたがたが見たのと同じ有様で、またおいでになる。」
使徒言行録1章9節~11節


関連する祭り

復活祭[ふっかつさい Easter]

聖霊降臨祭[せいれいこうりんさい Whitsunday]


関連記事

イースターのページ

作成:2004年9月1日

布忠.com