この企画の趣旨


なぜ変えるか

人間は完璧じゃあ、ない。必ず誤る可能性があるわけで、そんな人間が作った日本国憲法(以下、昭和憲法とします)も、永久に完璧ということはありえない。制定までの経緯を考えればなおさらね。
草案を作ったGHQスタッフは法律に関しては素人同然で、彼ら自身が適切な時期に適切に改変されることを前提に案を作っていた。当時のスタッフへのインタビューでは「まだ当時のままなのか」と驚いていた。
「占領軍に押し付けられた憲法」というのを改正の理由にする人もいるが、これは誤り。日本は日本の意思でこの憲法を発布・施行している。ただその過程では、マッカーサーの出世のための都合などGHQの要求する期限なんかもあったし、十分な議論がされたとは言いえないと思う。
時代の変化ということもある。たとえば「基本的人権の尊重」といっても、人権というものの考え方自体が変化しつづけている(プライバシーとかね)。

法律や憲法学の専門家がどう考えているのかはしらないけど、ここまで書いただけでも、憲法が改正されるべき。少なくとも妥当性の検証は不断に続けなければならないはず。「憲法を変えさせない」を存在理由にしていた政党も、最近では「九条は変えさせない」に主張を縮小している。(坂井案では九条もタブー視しません。『解釈』でどうにでもなる状況がいけないのだから。坂井案では自衛隊を合憲にしようと思ってるし、完全な非武装平和を目指す人は解釈の余地なく自衛隊を違憲にできる憲法を主張すべきだと思う。)


どう変えるか

ただし。憲法改正には、いくつかの問題がある。「なぜ変えるか」は上に書いたとおり、自明の理とさえ言えると思うのだけど、「どう変えるか」「誰が変えるか」「どうやって変えるか」が大きな問題。

「誰が変えるか」は、政治家が、特に与党が、特に自民党が好き勝手にできるのでは、むしろ変えないほうがましということにもなりかねない。なにしろ自分が勝ち続けやすいように選挙法を変えてしまったりするのだから(参議院選挙の非拘束名簿方式のことね)
とはいえ、こればかりはこのサイトで1人で考えても仕方がないので省略(どこかでMLでも立ち上げようか?)

「どうやって変えるか」は、理念であるべき前文をまず決めよう。そして各条文を1条ずつ決めていく。でないと、たとえばプライバシー保護と軍国主義化を抱き合わせにして全文一括で採択なんかされたら、賛成も反対もできなくなる。(たとえば私は、日の丸を国旗に決めるのは大賛成だったけど、君が代を国歌に決めるのは当時は反対だった)
ただ、これでは全部を改正するのに何年かかるかわからない。その間にも世の中の情勢は変わっていくわけだし。それに全体の構成を見直す必要もあるかも。
とはいえ、構成から考えるのは、昭和憲法全部を把握してかからなきゃいけなくなるので、これも省略。

このサイトでは「どう変えるか」を考えてみる。昭和憲法の条文の中で「ここは変だろ」というところを、どう変えるか考え、さらに追加すべきことも考えてみたい。もちろんこれは、私という個人の信念や価値観にかなり左右されるはず。これを読んでくれたあなたには「そっちのほうが変だよ」というところも多々出てくると思う。
というか、出てこなきゃいけないんだよ。そうやっていろんな考え方を出していって、そんでもってそれから「じゃあ、どうしようか」ってやるのが、国民の議論を尽くすっていうことでしょ。1億人からの日本人、そしてこれから生まれてくる日本人の今後を決めようっていうんだから。

「今の憲法は古いから変えよう」なんて考え方はやめよう。古くても、いいものはいいんだから、古いということ自体は理由にならない。「占領軍に押し付けられたものだから変えよう」なんて考え方もやめよう。自分でつくったものより、人がつくってくれたもののほうが優れているなら、お礼をいいたいくらいだ。「なんか知らないけど、変えたほうがいいんでしょ」なんて論外。「護憲を叫んでる人はヒステリックで、賛同したくない」って、気持ちはわかるけど論点が違っちゃってないかい?
「どこが古く(時代にあわなく)なっているのか」「どこが占領軍の価値観(日本人・日本文化にあわない)か」を考えてみよう。

ただ憲法を現状にあわせるだけ、という考えかたはしたくない。改憲派は「人を法にあわせるのか、法を人にあわせるのか」なんてことをいうけど、そんな2択はありえない。人を法にあわせるなら窮屈なだけだし、法を人にあわせるなら、未来への国の理念なんて誰も考えずに、現状しか考えなくなる。

「理想」「愛国心」「次代への責任」「アジア人の自覚」「地球市民の責任」を胸に、さあいってみよう!