/head>
憲法改正・坂井案

前文

前文というのは、言い換えれば基本理念をあきらかにするものだろう。つまり憲法の精神だ。具体的には憲法の各条文について解釈がわかれたときに、前文の精神にそっているかが基準になるようなもの。観念的には、日本人がどんな世の中をめざすかがわかるようなもの。


昭和憲法の前文

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者1を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和2による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢3を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が4起こることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。
そもそも国政は、国民の厳粛な信託5によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり6、この憲法はかかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅7を排除する。
日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚8するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して9、われらの安全と生存10を保持しようと決意した。
われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。11
われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。12
日本国民は、国家の名誉13にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

(漢字は一部現代風になおしています)


ポイント

1.議会制民主主義、間接選挙制については、現在のままがよいと思う。首相の直接選挙を主張する人もいるが、小泉首相が人気だけで支持率70%を超え、田中外相更迭で支持率が40%台まで急落したことを考えると、日本人の多くは直接選挙制で機能できるほど成熟していない。芸能人の好感度調査と首相指名を一緒にされては、人気だけでのしあがったアドルフ・ヒトラーの再来も起こりかねない。

2.日本と日本人のことよりも、外国(中国、北朝鮮、韓国、米国など)のことを優先したがる人が、政治家(特に自民党橋本派や旧社会党系)や官僚(特に外務省や通産省)に多いようだ。順序として、われらとわれらの子孫のためにはまず私たち日本人の主体的な行動、そして次に諸国民との協和だろう。

3.「最近の若い者は自由と権利ばかりで、義務と責任をないがしろにしている」といわれたりもしますが、むしろ大人とくに政治家や大企業トップにも言えること。

4.これではたとえ外国から侵略されても、自分を守るために戦うことさえできなくなりかねない。
などというと「どこの国が攻めてくるというのか」などという政党があるが、万一のときのための準備は、万一じゃないときにしておかなければならない。大地震が来てタンスの下敷きになってから「家具の転倒防止用の金具を買ってこなきゃ」と思っても遅すぎる。

ただし、侵略のための戦争はしない。たとえ同盟国の要請があっても排除する。また、軍事力でなければなにをしてもいいという抜け道を作らないために「諸国民の主権を侵害しない」とする。「諸国の」とはしないのは、たとえばロシアのチェチェン侵攻、中国のチベット侵略、イラク等のクルド弾圧等、「国内問題」といわれても人として目をそらさないため。

5.現在、選ばれた者(政治家)には国民に対する責任感が薄く、選んだ者(有権者)にも自分の選択の結果に対する責任感が薄く、結局国民に選ばれたわけでもない官僚が(これまた責任感薄いままに)はばをきかせている。かつて志の高い官僚によって機能していた時代はそれでもよかったのだが。

6.議会制というか間接民主制の原理っぽくて、少なくとも人類史上において普遍の原理ではないし、未来永劫の原理でもないので削除。

7.詔勅がすでに現体制にない一方、行政指導や通達などというわけのわからないものが横行しているので、包括的に「等」とする。

8.意味が不明瞭だし、理想なんて人によって考え方が違うのだけど、なんかいいこと言ってそうなので、今回はこのままにしておいてあとで何か表現を考えたい。

9.諸国民に依存して安全と生存を保持するような姿勢は、誤りである以前に自主独立の国家として手抜き。まずみずからの努力、それから、平和を愛する諸国民(諸国とすると、平和を愛さない国も出てくるしね)との協調。

10.独立した国家であることの重要さの認識が弱い。「戦争するくらいなら降伏しろ」なんて国会議員には、北朝鮮で餓死してもらいたい。「生存」は安全に含めて、独立の維持を含めて「主権」を追加。

11.現在の核保有国にだけ核保有を認める条約とか、欧州での紛争には介入してもアフリカでの紛争には何もしないとか、「努めてゐる国際社会」なんて大ウソ。そんな国際社会に名誉ある地位など占めたくない。むしろ国際社会の変革の先頭にたたなければ。

12.政治法則に普遍性があったことなどない。社会主義は失敗したが、自由主義も破綻しつつある。ただ、国家と国家、国民と国民が対等である社会を目指すのみ。一超大国の独走を認めない。アメリカンスタンダードやアングロサクソンスタンダードに乗せられるな。

13.「国家の名誉」を意識している日本人はごく少数だろう。


というわけで新憲法の前文案

日本国民は、主権が国民に存することを宣言し、ここにこの憲法を確定する。 われらとわれらの子孫のために、わが国全土にわたって自由と責任のもたらす恵沢と、諸国民との協和による成果を確保し、われらの選択によって諸国民の主権が侵害されることのないことを決意する。 われらは正当な選挙においてわれらが選択した国会における代表者を通じて行動する。国政は国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。この憲法はかかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令等を排除する。
日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、不断の努力と、平和を愛する諸国民との協調により、われらの安全と主権を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去するために、国際社会において行動する。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないと信ずる。
日本国民は、われら自身の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓う。

・・・文章が美しくないのは勘弁してください。