ピンポイント年表「終戦」

表1:終戦
西暦和暦日付できごと
1945年 昭和20年 8月10日 日本政府は同盟通信社及びNHKの短波を利用して、「天皇の大権が侵されない」ことを条件にポツダム宣言の受諾を全世界に通告。
8月14日 御前会議において、ポツダム宣言の受諾を正式に決定。
8月15日 玉音放送。
8月16日 ソ連軍、南樺太に侵攻開始。
9月2日 武装解除などを経て戦闘が終息した後、降伏文書の調印が東京湾上の連合国軍戦艦ミズーリ号艦上にて行われた。

大東亜戦争は、いつ終わったのだろう、ということで整理してみました。
いつ始まったのだろう、というのもいずれ整理したいのだけど。

8月15日を「終戦の日」といいますが、本当は9月2日だったというわけか。
8月15日はいわば敗北を認めた日というところか。「敗戦の日」だと言う人もいるけど、そっちのほうが正しいのかも。
となると「ソ連軍は終戦後に侵攻してきた」というのも正確ではないな。もっとも、降伏を迫るポツダム宣言の受諾を表明した後に攻めこんで来た卑劣さには変わりないけど。

蛇足だけど、「日本は無条件降伏した」という人がいるけれど、正確には無条件降伏したのは「日本」じゃなくて「日本軍」です。日本はポツダム宣言を受け入れて降伏したのだけど、そのポツダム宣言には「日本」の降伏に関する条件が明記されているのです。