このサイトの管理人は

えー、どなたさまもようこそいらっしゃいました。当サイト管理人の、布忠こと坂井信生でございます。以後よろしくお願いします。

このページは私の自己紹介のコーナーなのですが、えーと、どうしよう。とりあえず経歴など。

・・・なぁんて人生だったらかっこいいなと思ったんですけど、これじゃわかる人にしかわからないですね、すみません。


坂井信生と申します

「信生」を無理やり「のぶいく」と呼んだ人がいました。
中学のときの担任は「しんなま」とビールみたいに呼んでくれました。
正解は「のぶお」です。最近のワープロソフトでは、単語登録しなくても「のぶお」と打つと「信生」が候補に出るようになってうれしいです。

坂井からプライベートの名刺を押し付けられた方は、ちょっと見てみてください。なにやらアヤシゲ(?)な英文が入っているかと思います。

The righteous will live by his Faith.

これは英訳聖書からの引用で、日本語聖書では

見よ、その魂の正しくない者は衰える。しかし義人はその仰によってきる。

と訳されています。旧約聖書の、ハバクク書2章4節の言葉です。この「Faith=信仰」、「live=生きる」から、信生と命名されました。

ええ、「義人」です。
「信仰によって生きる」んです。
名前負けもいいところです。はい。

この言葉は、聖書の中心であるとも言われるもので、後代に新約聖書でも使徒パウロが引用していたりします。「信仰義認」なんて四字熟語な教理用語もあったりします。
というわけで子供に「信生」と名づけるクリスチャンって少なくないみたいです。そうなんです、うちの両親ともクリスチャンで、ゴッドファーザー(名付け親)は牧師です。
噂では、その名付け親の牧師はあちこちで『信生』と命名していたとか。

同名異人

「坂井信生」でネットで検索してみたら、意外にも同じ字で同姓同名さんがいました。大学教授で、アーミッシュや教会音楽の研究家の坂井信生さんというかたがいらっしゃいます。著書もいろいろあるようです。
当サイト管理人のほうの坂井信生は、本とかは出したことがないので、そのあたりで区別をつけてください。
(私も本名でいろいろ好き勝手なことをネットで書き散らかしていますが、先方にご迷惑をかけていなければいいのですが。)

それにしても、同じ名前、同じ字、同じ画数で、かたや大学教授、かたやしがないサラリーマン。これだから姓名判断なんてあてになるもんじゃないです。あ~あ。

あと、もと日本同盟キリスト教団の牧師で坂井栄一さんという方がいらっしゃいまして、当サイトやメールマガジンでも許可を得て転載させていただいているものがありますが、こちらも当サイト管理人とは別人です。管理人へのメールで「坂井先生」と書いてくださる方が時折いらっしゃいますが、「坂井さん」で十分です。(何ならクンでも呼び捨てでもかまいません。)


私はクリスチャンです

ええと宗派としては、プロテスタント系です。
出身は日本同盟キリスト教団の教会で、現在もメンバーシップを持っていますが、原住地に転居して以来、近所の日本バプテスト連盟の教会で礼拝をまもっていて、何年か前から客員教会員にならせていただいています。
…とごちゃごちゃ書いてきましたが、要するに、神キリストであるイエスを私の救い主だと信じているということです。

「キリシたん」とか「クリスちゃん」とか呼んでもいいですよ。
「バテレン」はちょっと違いますね。あれはポルトガル語で神父を意味するパードレ(英語のファーザー)が訛ったものですが、管理人は牧師でも神父でもないし、神学者でも聖書学者でもありません。キリスト教や聖書について特別な教育を受けたり研究したりしたわけでもない、ただの信徒(信者)です。それも、たぶんあまり敬虔なほうじゃないかも。

そんな奴が、わかったふうな顔してホームページやメールマガジンで聖書の解説なんぞしているわけで、未熟なところも多々あるかと。それでもクリスチャンのハシクレとして、クリスチャン共通の特徴を持っています。それは、聖書に書かれていることのすばらしさ(というかすごさ)を、まだそれを知らない人になんとかして知ってほしいと思っているということです。
といっても、伝道(布教活動)に通じているわけじゃありません。だいたいが、迷子になっても人に道をたずねられないくらい、知らない人に話しかけるのが大の苦手。そんな私が、自分にできることはなんだろうと考えたどりついたのが、ウェブサイトからの発信だったというわけです。

管理人の信仰については、信仰告白のページをつくっています。


メールマガジンのこと

子供の頃から文章を書くのが好きで、大学では仲間と同人誌を作って小説を書いていました。で、メールマガジンというものを知って何か編集・発行ということをやってみたいと思うようになりました。もともと、神様についてみんなに知ってほしいと思っていたので、やるなら聖書しかないなと思いました。

私のサイトとメールマガジンは、伝道(=布教)を直接の目的にはしていません。あくまでも「聖書を読んでみませんか」とすすめるだけで、あまり押し付けがましいことはやりたくないと思っています。聖書を読めば、私なんかが押し売りしなくてもきっとイエス・キリストがわかるはずだし、わかるように聖書は書かれているから。

そしてもし、聖書を読むうちに「もっと詳しく知りたい」「教会に行って牧師だか神父だかの話しを聞いてみたい」と思っていただけたら、うれしいです。

読者登録(もちろん無料)やバックナンバーは聖書を読んでみよう」のページからどうぞ。


坂井信生に関するその他のこと

最近は暇を見つけては自転車に乗るようになりましたが、基本はインドア派です。本を読んだり、こうしてくだらないことを書いたり、役にたたないことを調べたり、テレビみたりビデオゲームしたり、ただゴロゴロしてたりするのが好きです。
あ、自転車に関しては自転車の部屋というページをつくりましたのでどうぞ。

音楽の趣味は、以前は「カラオケで歌ったらウケるか」が基準でしたが、このところは軽めのクラシックに戻ってきました。
子供の頃と大学でピアノをやってました。が、大学を出てから十余年、今じゃすっかり指が動きません。中・高と吹奏楽部で、テナーサックス、バリトンサックス、ユーフォニウムなどやってましたが、学校の楽器を使っていたので卒業してからまったくやっていません。何か楽器やりたいです。

その他、管理人の趣味に関しては趣味の部屋をごらんいただけるとうれしいです。

作成:1997年10月1日
更新:2013年3月24日

布忠.com