熱心党のシモン

menu
用語
人名。キリストの十二弟子(使徒)の一人。
邦訳での表記
熱心党のシモン(新共同訳、口語訳など)
熱心党員のシモン(新改訳など)
英語表記
Simon the Zealot

名前について

シモンの意味は「(神は)聞いた」。
もとのかたちはシメオンで、イスラエルの祖ヤコブの十二人の息子の次男シメオンにちなんだ名前。

人物像

この人も名前しか出てきませんが、よくある名前のために他人と区別するためか、「熱心党の」と形容されていることが彼の手がかりになります。

熱心党(ゼロテ党、ゼロータイ)というのは、いわゆる右翼です。原理主義的過激派ともいえるでしょう。彼らは政治的な動機からといよりも、むしろ宗教的な確信から行動する、非常に信仰熱心な過激派でした。
党といっても、ひとつの組織だったわけではなくて、このような考え方をする人々という程度の意味です。

熱心党とよばれたシモンも、弟子になったきっかけはおそらく、キリストを「ローマ帝国からの軍事的政治的な解放者」だと思ったからでしょう。彼だけでなく他の使徒たちも、同じように期待していました。いえ、ユダヤ民衆みんなが、「いよいよ神国イスラエルをローマ帝国から開放するメシア(救世主)が現れた」と期待しました。
イエス・キリストが、すべての人の罪をあがなうために十字架で殺されたあとでさえ、弟子たちは復活したキリストに対して「主よ、イスラエルのために国を建て直してくださるのは、この時ですか」(使徒言行録1:6)と政治的な独立に期待しているのです。

しかし、キリストがこれに「それはあなたたちが考えることではない。あなたたちはただ、世界のすみずみまでも、私についての証人となれ」と答えると、使徒たちは命をかけて、布教に出ていったのでした。

同名異人

シモン・ペトロの項を参照。

ヨハネにちなんだ人名

シモン・ペトロの項を参照。

関連語句

使徒

熱心党


メルマガ「聖書を読んでみよう」増刊18号(1999年1月11日配信)に掲載したものを加筆訂正しています。
「この人にちなんだ人名」は、すのぴ氏のご協力によるものです。

作成:1999年01月11日
更新:2007年02月16日

ホームページ