共観福音書

menu
用語
キリスト教用語。
読み
きょうかんふくいんしょ
英語表記
The Synoptic Gospels

意味

福音書に収められている4巻の福音書のうち、共通の観点を多く含むといわれるマタイ福音書、マルコ福音書、ルカ福音書の3巻をまとめて呼ぶ名。なので「共感」ではなく「共観」なのです。
4巻に共通するできごとの記録であっても、ヨハネ福音書は他の3巻とは異なった観点から書かれていることが多いのだそうです。

だそうです、などと書いていますが、観点ということでは具体的にどこがどう違うのかは浅学な筆者にはよくわかりません。
ただ、書かれている記事については、マルコ、マタイ、ルカは同じできごとについての記録が多いのは確かです。こうした記録を平行記事といいますが、マルコ福音書の661節のうち、606節がマタイ福音書と、320節がルカ福音書と共通する内容なのだそうです。
新共同訳聖書では段落ごとに小見出しを付けていて、福音書ではたとえばマタイ福音書のこの記事はルカ福音書では何章に書かれているということがすぐわかるようになっていますが、これを見てもマタイ・マルコ・ルカ間で平行記事が多いというのは感覚的にわかると思います。ヨハネ福音書と他の3巻とのあいだにも平行記事はあるのですが、マタイ-マルコ-ルカ間に比べると少ないようです。

並行記事の存在や、共観性から、以下のような推測が提案されてもいます。

このような推測を「文書資料説」と呼んでいて、膨大な時間と労力をかたむけ、写本を比較するなどして研究が進められ、多くの研究成果が出されています(筆者の個人的な印象としては、今のところ「このような順序で成立したと考えると、説明しやすい」というものでしかないようですが。)

マルコ福音書にはなくてマタイ福音書とルカ福音書にだけ並行している記事もあります。このため、マタイとルカがともに参考にした未発見の文書があるのだとする説があり、福音書の成立に関して宗派をとわずもっとも広く受け入れられる仮説となっています。その未発見の文書は、ドイツ語で「資料」を意味する「Quelle」から「Q資料」と名付けられています。

これも現状では「Q資料というものがあったと仮定すると、いろいろ説明しやすい」という以上のものではないようです。断片さえ発見されていないし、Q資料についての言及さえ古代の他の文書から出てこない。2006年に話題になった「(イスカリオテの)ユダによる福音書」でさえ、他の古代文書で言及さいれているのに、です。(なんか、進化論ととても似ている気がします。あれも「進化したということにしたほうがいろいろ説明しやすいから、(どれだけ問題があっても)進化論が正しいと考えよう」という域を出ないように思いますが)

…どうも「文書資料説」が信頼するに足りない仮説にすぎないかのような書き方になっていますが、そういうことではありません。前述のとおりルカは献詞で「資料を収集・整理して福音書を書く」と言っています。ルカ以外の人も、自分がその場に居合わせなかったはずのことまで書きとめています(たとえばイエスがペトロとヤコブとヨハネだけを連れて行動したときのできごとなど)。福音書記者がいろいろ取材して書いていることは明らかなわけです。
たとえばペトロが出てくる場面の記録が、福音書記者たちがペトロか、ペトロの弟子筋の誰かか、ペトロが建てた教会の信者にインタビューしたものだとすれば、同じ場面が記録されるようにもなるでしょう。これはまた、その共通する記事が違った視点から書かれていることの説明にもなると思います。揚げ足をとることに無上の喜びを見出す種類の人たちは、並行記事どうしにある記述の違いを「聖書の誤り」と言います。ですが、あるできごとについての複数の目撃者の証言がまったく同じだった場合、それはむしろ口裏を合わせていることの証拠となってしまうのではないでしょうか。

話しをQ資料に戻すと、それはひとつの資料というよりも、巷間に伝わっていた未整理の情報ということなのではないかと思います。
もちろん、実はいつかQ資料が発見される可能性もないわけじゃないですが。というか「もしかして将来、Q福音書が発見されたらすごいぞ」とも思うんです。一時期は「Q資料の内容はイエス語録」とも考えられていたそうだし、存在するならぜひ読んでみたいです。

更新:2007年02月17日

ホームページ