聖書の貨幣

menu
新約聖書の貨幣
 レプトンクァドランスアサリオンデナリオンムナタラントンすずめ
(※)
日本円(※)
レプトン
(レプタ)
1     039円
クァドランス
(コドラント)
21    078円
アサリオン
(アサリオン)
841   2羽312円
デナリオン
(デナリ)
12864161  40羽5,000円
ムナ
(ミナ)
12,8006,4001,6001001 4千羽50万円
タラントン
(タラント)
768,000384,00096,0006,00060124万羽3000万円

※ カッコ内は口語訳聖書での表記。
※ すずめは、2羽で1アサリオン、5羽で2アサリオン。
※ 日本円は1デナリ=5,000円として計算。

レプトン(レプタ)

新約聖書に出てくる最小価値の銅貨。マルコは[レプトン銅貨二枚、すなわち一クァドランス]と説明している。

マルコ福音書12章42、ルカ福音書12章59、同21章2。

クァドランス(コドラント)

ローマ帝国の銅貨。ローマの通貨として最小単位で、当時のローマの公衆浴場の入浴料が1クァドランスだった。

マタイ福音書5章26、マルコ福音書12章42。

アサリオン

ローマ帝国の銅貨。

マタイ10章29によると、2羽のスズメの価格が1アサリオン。これがルカ12章6だとスズメ5羽で2アサリオンとなっていますが、4羽買うと1羽おまけしてくれるものでしょうか。

マタイ福音書10章29、ルカ福音書12章6。

デナリオン

ローマ帝国の通貨で、ローマ兵の年俸が300デナリ。労務者の一日の労賃が1デナリでした(マタイ20章2)。

有名な「カイザルのものはカイザルに」の話で登場するとおり、カイザルの肖像と銘が刻印されていました。(マタイ22章19-21)

ローマ兵の年俸と考えると、平成19年度の自衛官俸給表で一番下の3等陸士、3等海士、3等空士の俸給月額が152,100円。単純にこの12か月分1,825,200円が300デナリとすれば、1デナリは6,000円ほど。(実際には自衛官は賞与や各種手当てがつくと思いますが)

労務者の日給で考えると、平成21年度地域別最低賃金改定状況(平成21年9月14日現在)で一番低い最低賃金時間額は629円。1日8時間とすると、1デナリは5,000円ほど。(上記表ではこの数字を使用)

マルコ福音書12章15ほか多数。

ムナ

旧約聖書では「マネ」、新約聖書では「ムナ」。
エゼキエル書45章12によると、60シェケルで1マネ。

重さの単位としては1ミナは575グラム、貨幣の単位としては1ミナは100デナリに相当した。

ルカ福音書19章、使徒言行録21章16。

タラントン

ギリシャ語で「秤」または「量られたもの」の意味。

貨幣の単位としては1タラントンは6,000デナリ、つまり労務者1人6,000日分の賃料という巨額で、日常生活では使われていなかった。

重さの単位としては、イスラエルの「聖所のシェケル」基準なら約30kg。ローマ帝国の基準では約41kg。

イエスのたとえ話で、1万タラントンの借金をゆるしてもらった者が、自分は100デナリオン貸した仲間をゆるいさなかった、というのがあります。(マタイ18章21以下)
上の表で考えると、自分は3千億円の借金を免除してもらったのに、仲間に貸した50万円は容赦しないというのだから、これはもう、ね。

マタイ福音書25章のたとえ話から、この語は「神からの賜物、天賦の才」を意味するようになり、英語の「talent」の語源となっています。

マタイ福音書18章24、25章14以下、ヨハネ黙示録16章21。

作成:2009年09月15日

ホームページ