ヘロデ派

menu
用語
聖書語句。
邦訳での表記
ヘロデ派(新共同訳など)
ヘロデ党(新改訳、口語訳など)
英語表記
Herodians

意味

ユダヤ人の中のグループのひとつ。ヘロデ王朝を支持する団体。ローマの支配を背景としてヘロデ王家のものがユダヤを統治することを望む、政治色の強い集団。

ヘロデ家はイドマヤ人だったが、このイドマヤ人とは、ヘブライ語のエドム人をギリシャ語に音訳したもの。イスラエルの父祖と呼ばれるアブラハム、イサク、ヤコブの3代のうち、ヤコブの双子の兄エサウの子孫がエドム人である。ヤハウェとアブラハムの契約はヤコブの家系に継承されていたことから、イドマヤ人であるヘロデがイスラエルの王であることに反感を持つ者も多かった。ローマの歓心を買うためか、異教的なものをユダヤに持ち込んだことも、反感を呼んだらしい。

しかし一方でヘロデ大王は、ユダヤ人の歓心を買うためかエルサレム神殿の修築も行うなどしている。推測だが、ヘロデ派は現実的な視点から、ローマ帝国の支配権と、その版図の中でのユダヤの安定を求めたのかもしれない。実際ヘロデ大王は、人格においては凶悪であったが、政治家としては非常に有能であった。
キリスト降誕の際、東方の賢者たちが宮殿を訪れて「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。」と尋ねたとき、[これを聞いて、ヘロデ王は不安を抱いた。エルサレムの人々も皆、同様であった。]と記録されている(マタイ2:3)。エルサレムの人々というのはあるいは神殿を中心に活動していたサドカイ派かもしれないが、現在の政治的な状況が続くことを求めるという心理をあらわすものかもしれない。イエスが[ファリサイ派の人々のパン種とヘロデのパン種によく気をつけなさい](マルコ8章15。パン種とはここでは教義を指す)と教えたのは、ファリサイ派の教条主義とヘロデ派の現世重視な保守主義とを指すものだろうか。

関連語句

ファリサイ派

サドカイ派

熱心党

作成:2007年03月06日

ホームページ