バルトロマイ

menu
用語
人名。キリストの十二弟子(使徒)の一人。
邦訳での表記
バルトロマイ(新共同訳など)
英語表記
Bartholomew

名前

バルトロマイの意味は「タルマイさん家のせがれ」

人物像

この人のことは、聖書からはまるでわかりません。聖書では「12人」の名前が4カ所で列挙されていますが、バルトロマイはこのリストに名前が出てくるだけなのです。
ちなみにその4カ所とは、マタイによる福音書10章、マルコによる福音書3章13節以下、ルカによる福音書6章12節以下、そして使徒言行録1章13節です。(使徒言行録では、すでに自殺していたイスカリオテのユダを除いた11人の名簿になっています。)

福音書の3カ所では、フィリポの次に名前が出てきます。このことから、ヨハネによる福音書1章43節~で、フィリポがイエスに紹介したナタナエルと同一人物ではないか、とも推測されます。がそれ以上のことはわかりません。

聖書には収録されていませんが、バルトロマイも福音書を書き、インドまで伝道して大きな働きをし、アルメニアで没したと伝えられています。

この人にちなんだ人名

各国語ではこんな感じです。

英語
バーソロミュー(Bartholomew)
ドイツ語
バルトロメーウス(Bartholomaus)
フランス語
バルテルミ(Barthelemy)

バーソロミューという名前は現在では極めて希らしいです。でも、名字としてはたくさんの種類が派生しています。バートレット(Bartlett)、バートル(Bartle)、バティー(Batty)、ベイツ(Bates)など。また、フランス系の名字ではバルト(Barthes,Barth)もあります。

バルトなら、スイスのプロテスタント神学者カール・バルト(Karl Barth)や、フランスの社会学・記号学者のロラン・バルト(Roland Barthes)がいらっしゃいますね。

関連語句

使徒


メルマガ「聖書を読んでみよう」増刊16号(1998年12月14日配信)に掲載したものを加筆訂正しています。
「この人にちなんだ人名」は、すのぴ氏のご協力によるものです。

作成:1998年12月14日
更新:2007年02月16日

ホームページ