国旗国歌の強制について

menu

強制ではないほうが

昨2004年10月28日の皇居の園遊会で、東京都の教育のエライ人が招かれていて、国旗と国歌について天皇陛下から「強制ではないほうがいいですよね」というようなお言葉を賜ったらしい。

昭和憲法の発効以来、天皇は国事行為を行うのが法的なつとめだ。けど国民の安寧を祈ることも万古よりの天皇のつとめであり、実際に古来から「おおみたから」つまり国民を愛してこられた。むしろ、皇室という「万古より国民の安寧を祈ることをつとめとしてきた一族」に、国事行為を委任しているというべきかもしれない。
だから、国民が国歌(を含む何ものでも)を強制されるなどということは、今上陛下にとって非常に心を痛めることと拝察する。「強制ではないほうがいいですね」というのはただ、「心から歌えるのがいいですね」という意味なのだと思う。

ただそれだけの意味の発言なのだろう。普段から昭和憲法上の天皇や皇室の位置をよくご承知の言動をなさる今上陛下だから、都の行政の方針に対して影響を与えようというお心はないだろうと思う。「強制ではなく、みんなが心をひとつにすることができないものだろうか」というお心を示されたのではないかと。
だから国や都は、過剰に反応する必要はないと思う。襟を正す必要はあると思うが。

また、反日教師が勢いをつけることでもない。というか、「君が代に反対」という人も、天皇に援護射撃してもらおうなどとは思ってないだろう。もし今回の陛下の発言を国歌反対の武器にするなら、自家撞着というものではないだろうか。

坂井は、日本の公立の学校が日本の国旗を掲揚し日本の国歌を歌うのは当然だと思う。けれどそれを強制するのは、かえって国旗と国歌にケチをつけることだと感じる。そもそも、日本の国旗は日章旗以外にありえないし日本の国歌は君が代以外にありえなかったのに、国旗国歌法なんてつくったこと自体が日章旗と君が代にケチをつけるものだったと思う。
強制なんかする必要はない。公立学校では国歌は「歌われるべき」ものであって、「歌わされるべき」ものではない。歌わされることなく、みんなが歌うようになってほしいと願っている。

歌いたくないような人には、むしろ歌ってほしくない。
だから、強制する者たちよ、強制なんかするな。
「強制だ」という者たちよ、歌うくらいなら職を捨てろ。

(もっとも、教師が「歌いたくないから歌わない」と言うような学校は、生徒が「勉強したくないから勉強しない」と言ったときどうするつもりなのだろうか。また「歌わない自由」を教える教師たちは「歌う自由」も教えているのだろうか。)

作成:2004年10月29日
更新:2007年12月15日

布忠.com