不正な管理人のたとえどう解釈しますか?

クリスチャンです。

聖書を読んでいて、どのように理解したらいいかわからないところがあったので、教えていただきたくメールしました。

聖書個所
ルカによる福音書 第16章1節~13節
不正な管理人のところです。

神様は私たちに何をお望みなんでしょうか?

難しい箇所ですよね。ただ、たとえ話しというのは、意味を隠すためにも使われますが(ルカ8章10)、わかりにくいことをわかりやすく教えるためにも使われます。「教え」である以上は、無学な弟子たちにもわかるように語られているはず。

キーワードを整理すると。
「金持ち」である主人が神であるのは確かでしょう。
「管理人」は、一人一人の人間でしょう。
「主人に借りのある人」は、人はそもそもすべて神に借りがあるといえるわけですが、文脈から「自分以外の人、自分の周囲の人」と理解するのがよさそうです。

管理人は、主人の財産を無駄遣いしていたのをとがめられました。そして、主人に借りのある人の負債を減らす、つまり主人の財産にさらに穴をあけました。
管理人は、自分のために主人の財産を無駄遣いしていて、今度は他人のために主人の財産を無駄遣いしたわけですね。
つまりこのたとえは「神から管理を任されたものを自分のために使えば責任を問われるが、他人のために使えばほめられる」というストーリーになっているといえます。

ところでこのたとえは、イエスが民衆に向かって放蕩息子のたとえを語ったあと、弟子たちにむかって語られています。放蕩息子のたとえは、弟が父の財産を浪費したあげくに悔い改めたという、この不正な管理人のたとえと同じ主題です。つまりイエスは、民衆に向かって放蕩息子のたとえを教えたあと、さらに弟子たちを深く教えるためにこのたとえをつかっているのですね。

さて、「ではそれが不正な手段であってもよいのか」というのが、いただいた質問のポイントではないかと推測します。目的が手段を正当化するのか、ということでしょうか。私もマタイ13章44を読むと毎回似たような疑問を感じました。
結論としては、不正な手段かどうかは、このたとえのテーマではなく、「富に執着するよりも大事なことがある」ということを教えるための導入にすぎないのではないか、と思うのです。たとえは(聖書中のたとえでもそうでなくても)多くの場合、どこがテーマなのかを汲み取らないと、テーマのための設定や伏線の部分を気にするとテーマがわからなくなることがあります。

それでもあえて「不正な手段か」にこだわるなら、どうやら神には、私たちとは違う基準があるとしか思えません。私たちの基準で「不正だ」「卑怯だ」と思えるようなことをしてでも、私たちのお父さんである神に喜ばれることを考えろ、とでも言うかのようですね。
ここで私たちは徴税人長のザアカイの例を見ることができます。彼は財産を人にほどこしましたが、不正に貯めこんだ分以外だって、拝金主義的な職によるものでした。けれどイエスは「そんな汚い金で」などと言わず「救いがこの家に来た」と喜んだのです。
あるいは、イエスがわざわざ「不正な手段を使ってでも」というたとえにしたのは、「金に執着するファリサイ派」が聞いている(14節)のを承知で皮肉っているのではないか、とも思えます。

もう一つ、別の解釈の可能性があるように思います。
管理人が主人の財産を無駄遣いしたのは、管理人自身が主人に負債を作ったということでもありますね。とすると「負債のある者が、他人の負債をも債権者(主人=神)に押し付けた」というたとえにもなります。
パウロが「自分が望むことは実行せず、かえって憎んでいることをするからです」(ローマ7章15)と告白したように、わたしたちは救われてもなお罪を犯してしまう弱さがあるかもしれません。そんな、いわば主に負債のある私たちでも、他者に対して「あなたの負債を、十字架に掛けられた主に肩代わりさせてしまいなさい」といって伝道することができるのだと、そういうたとえであるとも受け取れるのではないでしょうか。
私たちは聖人君子にならなければ、隣人に福音を伝えられないのでしょうか。「私みたいな者が伝えても説得力ないし」と思ってしまうクリスチャンもいるかもしれませんが、そうではない。あの管理人のように、私たち自身にもまだとがめられるところがあるとしても、それでも福音を伝えることはできるのです。

更新:2004年12月30日

布忠.com