創世記18章3の解釈

創世記18章で、3人の旅人に対するアブラハムの姿勢は、旅人が主であることを最初から気づいていたからではないか、という質問をいただきました。
まずその部分を引用します。

はマムレの樫の木の所でアブラハムに現れた。暑い真昼に、アブラハムは天幕の入り口に座っていた。目を上げて見ると、三人の人が彼に向かって立っていた。アブラハムはすぐに天幕の入り口から走り出て迎え、地にひれ伏して、言った。「お客様、よろしければ、どうか、しもべのもとを通り過ぎないでください。水を少々持って来させますから、足を洗って、木陰でどうぞひと休みなさってください。何か召し上がるものを調えますので、疲れをいやしてから、お出かけください。せっかく、僕の所の近くをお通りになったのですから。」その人たちは言った。「では、お言葉どおりにしましょう。」アブラハムは急いで天幕に戻り、サラのところに来て言った。「早く、上等の小麦粉を三セア(約22リットル)ほどこねて、パン菓子をこしらえなさい。」アブラハムは牛の群れのところへ走って行き、柔らかくておいしそうな子牛を選び、召し使いに渡し、急いで料理させた。アブラハムは、凝乳、乳、出来立ての子牛の料理などを運び、彼らの前に並べた。そして、彼らが木陰で食事をしている間、そばに立って給仕をした。
彼らはアブラハムに尋ねた。「あなたの妻のサラはどこにいますか。」「はい、天幕の中におります」とアブラハムが答えると、彼らの一人が言った。「わたしは来年の今ごろ、必ずここにまた来ますが、そのころには、あなたの妻のサラに男の子が生まれているでしょう。」
創世記18章1~10

このあとの記録で、3人の旅人のうち1人が、主つまり創造者ヤハウェであったことがわかります。あとの二人は、19章1に御使い(天使)であったことが書かれています。人間が聖なる創造者を見れば死んでしまうと聖書に書かれていますから、ヤハウェは人間の姿になってアブラハムのところにやってきたのです。

上記の引用でアブラハムが旅人にひれ伏したり、自分をしもべ(奴隷)と呼んだりしていること、口語訳では上記の「お客様」が「我が主よ」と訳されていることなどから、質問は「アブラハムは最初からヤハウェだと知って、このような姿勢でいるのではないか」というものでした。

まず、ヘブライ人の手紙13章2に、こう書いてあります。
[旅人をもてなすことを忘れてはいけません。そうすることで、ある人たちは、気づかずに天使たちをもてなしました。]
ヘブライ人(=イスラエル人)なら誰でも知っている、ということを(旧約)聖書に出てくる人だとすると、「気づかずに天使たちをもてなした『ある人たち』」に該当するのは、19章のロトのほかには上に引用したアブラハムだけです。

古代中近東では、旅人をもてなすことは非常に大きな美徳でした。十分に客をもてなすことができるかどうかで、人徳が計られるほどだったといいます。
現代でも中央~西アジアの遊牧民の間では、旅人があれば、必ずしも豊かなものではない家族の食卓を犠牲にしてまで、もてなします。
キリストのたとえ話にも、旅人をもてなすのは当然という、聞き手(イスラエル人)との共通理解を前提になされているものがあります。(マタイ25:35、ルカ11:5-6)

この背景をふまえて読むと、メソポタミア出身の中近東人である遊牧民アブラハムが、旅人が通りかかったのを見て

せっかく、しもべの所の近くをお通りになったのですから。
(直訳するなら「しもべのところをお通りになったのはこのため(アブラハムがもてなすため)なのですから」)

と言ったのも、「旅人が来た、もてなさなければ」という思いからであることがわかります。
であれば、ひれ伏したり、自分をしもべと呼んだりするのは、謙遜の心からであると考えることに無理はありません。礼拝の心からと考える必要はなくなります。むしろ、自分のところを通りかかった旅人に気づかなかったことを恥じ、「アブラハムは旅人をもてなそうともしなかった」などと言われることを恐れ、平身低頭して自分の所で休んでいってくれるように頼んだのだと思います。

また、アブラハムは来訪者に向かって、「疲れをいやしてから」と言っています。(直訳すると「心を支えて、強くして」の意味)
全能のヤハウェに向かって「疲れたでしょう。休んで元気になってください」と言うでしょうか。そう考えると、アブラハムは三人が人間の旅人だと思ったから気遣ったのだと思います。創造者であり万物の真の所有者であるヤハウェだと気づいていれば、「おなかがすいてるでしょう」なんて気遣いは、的外れなのではないかと。
こうして、名誉をかけて旅人をもてなすために、アブラハム自身が給仕となってものすごい饗宴がはじまったのです。

なのに、ただの人間の旅人だと思っていた相手がいきなり「サラが出産する」と、アブラハムと神ヤハウェという契約当事者のほかには知り得ないだろう話題を切りだし、その実現を宣言した。このときのアブラハムの驚きが、この場面のクライマックスでしょう。

(メルマガ1999年1月11増刊号に掲載したものを加筆再編集)

作成:1999年1月11日
更新:2001年1月17日

布忠.com