受難週のできごと

キリスト・イエスがエルサレム入りしてから、十字架にかけられて死に、そしてよみがえるまでの一週間。どの日になにが 起きたかを、まとめてみます。

ただ、キリストの十字架と復活については、マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネの4人ともが記録していますが、その記録はときに食い違いを見せています。その食い違いの意味について扱うとまた長くなりますので(聖書の無謬性についてや、似たような内容の福音書がなぜ4巻も必要なのか、などなどなどなど)それはまた機会をあらためてということにします。
そういうわけで、この受難週のできごとを「イエスの日記」ふうに完全に再現することはできませんが、今回は、マルコ福音書の記録を軸に進めています。

なお、「どの日の何時ごろに何が」は、完全には再現できないため、筆者が「この頃だろう」と解釈した部分もあります。

(このシリーズは、2003年の受難週にメールマガジンで配信したものに加筆訂正しています)

祭りの5日前(日曜日)
昼ごろ、エルサレム入城
夕方にかけて、エルサレムを視察視察
祭りの4日前(月曜日)
早朝、いちじくの木を見つける
午前中、宮を清める
祭りの3日前(火曜日)
昼間、ユダヤ指導者たちとの論争
昼過ぎ、最高額の献金について
夕方、終末について
祭りの2日前(水曜日)
昼間、十字架刑の予告
夕食の席で、イエスを葬る準備
深夜、ユダの謀略
祭りの前日(木曜日)
昼間、祭りの準備
夕暮れ、最後の晩餐
夜、オリーブ山へ向かう
深夜、ゲツセマネの祈り、そして逮捕
安息日前日(金曜日)
鶏が鳴く頃、ペトロの裏切り
夜明け前、大祭司の裁判
明け方、イスカリオテのユダ
夜が明けたのち、ピラトの裁判
朝、ゴルゴタへの道
午前9時、十字架につけられる
昼12時、母マリアを託す
午後3時、イエス絶命
夕方、イエスの埋葬
安息日(土曜日)
昼間、注意深い指導者たち
安息日の翌日(日曜日)
早朝、墓は空だった
午後、エマオへの途上で
夜、10人がイエスと再会、しかしトマスは
一週間後の日曜日?
トマスがイエスと再会

布忠.com

作成:2003年4月18日
更新:2007年4月8日