クリスマス賛美歌

クリスマスになると、街中でもよく流れる賛美歌のいくつかを紹介します。
左が歌詞、右は当サイト管理人の解釈です。


もろびとこぞりて

(歌詞)(意味)

もろびとこぞりて迎えまつれ
久しく待ちにし主は来ませり
主は来ませり、主は主は来ませり

諸人(すべての人)よ、みんなで迎えよう
長い間待っていた主が来られる

悪魔のひとやを打ち砕きて
捕虜(とりこ)を放つと主は来ませり
主は来ませり、主は主は来ませり

悪にとらえられ正しく生きられない人を
解放するために主が来られる
(ひとや=牢獄)

この世の闇路を照らしたもう
妙(たえ)なる光の主は来ませり
主は来ませり、主は主は来ませり

暗い世の中を照らす、
比べるもののない光である主が来られる

しぼめる心の花を咲かせ
恵みの露(つゆ)置く主は来ませり
主は来ませり、主は主は来ませり

しぼんだ花を露で咲かせるように
心を恵みで咲かせる主が来られる

平和の君(きみ)なる御子を迎え
救いの主(ぬし)とぞ、ほめたたえよ
ほめたたえよ、ほめほめたたえよ

平和の王である神の子を迎えて
救い主だと賛美せよ

アーメン

こう歌ったのは、心からそう思ってのことです


まぶねのなかに

(歌詞)(意味)

まぶねの中に産声上げ
木工(たくみ)の家に人となりて
貧しき憂い 生くる悩み
つぶさになめし この人を見よ

家畜のエサかごをゆりかごとして生まれ
(神の身分を離れて)庶民の家で人間となり
貧しさの苦しみも人生の悩みも残らず経験した
この人を見よ

食する暇もうち忘れて
虐げられし人を訪ね、
友なき者の友となりて
こころ砕きしこの人を見よ

食事の間も惜しんで弱い者を訪ね
孤独な者のために心を砕いたこの人を見よ

すべてのものを与えし末
死の他なにも報いられで
十字架の上にあげられつつ
敵を赦ししこの人を見よ

人間にすべてを与えたのに、
得たのは死だけで
十字架に磔(はりつけ)にされながら
それでも人をゆるしたこの人を見よ

この人を見よ この人にぞ、
こよなき愛は現れたる
この人を見よ この人こそ、
人となりたる活ける神なれ

この人を見よ、まさにこの人に、
この上ない愛があらわれている。
この人を見よ、この人こそ、
誰かがつくったのではなく生きている神が人となった方

(この讃美歌は、イエス・キリストの誕生だけでなく地上での生涯を歌ったもので、日本人の作詞作曲です。
歌詞の「この人」は言うまでもなく、神でありながら人となって世にきたイエス・キリストのことです。)


きよしこのよる

(歌詞)(解説)

きよしこの夜 星は光り
救いの御子は、まぶねの中に眠りたもう
いとやすく

まぶね=飼い葉オケ
御子【みこ】=キリスト

きよしこの夜
み告げ受けし まきびとたちは
御子の御前(みまえ)に ぬかずきぬ
かしこみて

まきびと=羊飼い
ぬかずきぬ=ひれふす
(「ぬか」はひたい(おでこ)のこと)

きよしこの夜
御子(みこ)の笑みに
恵みの御代(みよ)のあしたの光り
輝けりほがらかに

あした=朝
(夜だけど、神の恵みの時代というものが
朝の光のようにほがらかに輝いている、という意味)

(ルカによる福音書2章6節以下を歌にしたものですね。
一番の2行目「救いの御子は、御母(みはは)の胸に眠りたもう」という歌詞もあります。上はプロテスタント教会で広く使われている讃美歌集の歌詞です。)