インターネット信徒伝道

menu

第2章 インターネットで何ができるか

では具体的に、インターネットで何ができるのか。

インターネットの最大の魅力は、なんといっても、個人が情報を発信できるということです。今まではマスコミだけが持っていた不特定多数への情報発信が、個人にも可能になっているのです。

個人でTVやラジオの番組を持つなんていうことは不可能でした。同人誌やミニコミ誌なども、費用や手間が大変でした。でもインターネットでは、たとえばあなたが文章をホームページに出せば、世界中の人がそれを読むことが可能なのです。実際には言葉の壁や、あなたのホームページの存在が知られなければならないということはありますが、それでも個人が発信できるということはすごいことです。

ある小学生は、ハムスターの飼育日記を発表しています。ある年配者はかわいい孫の写真を発表しています。ある学生は自分の書いた小説を発表しています。しかもこれらは、ほとんど費用をかけずにおこなわれているばかりか、今回は扱いませんが収入を得ることも可能なのです。

ではインターネットを使った情報発信の手法についてご説明します。


(お孫さんの写真を出すというのは、本当にかわいくて仕方ないのでしょうが、プライバシーを含め自分の情報は自分で守らなければなりません。孫を自慢したくてホームページに写真を出したせいで誘拐された、なんてことになったら大変です!)

前へ 上へ 次へ

初稿:2000年秋
更新:2004年10月20日

布忠.com