聖書の解説

menu

創世記

旧約聖書の第1巻。天地創造にはじまり、ノアの箱舟やバベルの塔など、さらにイスラエルの祖アブラハム、イサク、ヤコブの三代の物語を経て、超感動の大河ドラマ・ヨセフ物語へ。

→創世記の解説

出エジプト記

旧約聖書の第2巻。ヨセフの時代から400年後、イスラエルはエジプトの奴隷となっていた!奇跡の民族大脱出にはじまり、紅海を渡って「約束の地」への行軍がはじまる。

→出エジプト記の解説

レビ記

旧約聖書の第3巻。ヤハウェがイスラエルの神であり、イスラエルがヤハウェの民であるための、守るべき戒律集。一見、退屈なようですが。。。

→レビ記の解説

民数記

旧約聖書の第4巻。挫折を繰り返しながら、約束の地カナンへ進んでいく。

→民数記の解説

申命記

旧約聖書の第5巻。神ヤハウェのもとでここまでイスラエルを率いてきたモーセの、民への決別のメッセージと死。

→申命記の解説

ヨシュア記

旧約聖書の第6巻。モーセ亡きあと、その後継者ヨシュアに率いられてイスラエルがカナンを征服していく戦記物語。

→ヨシュア記の解説

士師記

旧約聖書の第7巻。ヨシュア亡きあと、イスラエルに存亡の危機が訪れると立ち上がった12人の士師たち。王制成立以前の英雄たちとその時代の記録。

→士師記の解説

ルツ記

旧約聖書の第8巻。孝行娘ルツがハッピーエンドになるまでを記した、士師記の時代のサイドストーリー。

→ルツ記の解説

サムエル記

旧約聖書の第8巻が上巻、第9巻が下巻。神ヤハウェが預言者サムエルをとおしてサウルを王位につけ、イスラエルが王制に移行する。その後、ダビデ王の時代までを記録する。

→サムエル記の解説

新約聖書

プロテスタントのベテラン牧師による解説。

→新約聖書[本職の牧師の解説]

イエス・キリスト語録

聖書に記録されたイエス・キリストのセリフを、時間を追ってとりあげ解説。

→イエス・キリスト語録

聖書を遊ぶ

「聖書に記録されてないけど、こうだったんじゃないかな」「聖書を素直に読んだら、こんな結論に」などなど。想像力はどこまで解釈に入りこめるか。
「こんなこと書いてていーのかなー」なんて思いながらやってるお遊び企画です。あまり真に受けずに、気楽にどうぞ。

→聖書を遊ぶ

聖書のやさしいお話し

坂井が、幼稚園以下のこどもの礼拝で聖書のお話し(説教)をしたときの、保護者向けの解説。初心者にもやさしい内容です。

→聖書のやさしいお話し

初稿:2009年10月01日

布忠.com