聖書を遊ぶ
使徒トマスの反論

menu

このページはあくまでも「筆者がその立場だったら」と想像して書いているものです。このため、聖書に反しない範囲で書いてるつもりではありますが「解釈」としては正統なものではないことを、あらかじめご承知ください(聖書に反すると思われた場合には、メールでご指摘ください)。
なお、従来の解釈に異を唱えている部分もありますが、それらの解釈を支持する方自身を否定するものではありません。


私の名はトマス。そう、師イエスの多くの弟子の中から、師自身によって側近として選ばれた12人の一人、"使徒トマス"と呼ばれた男が私だ。

諸兄は私について、どのように思われているだろうか。不信仰者?疑り深い弟子?まあ、そう言われてしまうのも、やむをえないかもしれぬ。十字架で処刑された師イエスがよみがえったあと、再会を果たしたあの日について、福音書を書いた使徒ヨハネにあのような記録をされててしまったのだからな。

確かに、兄弟たちが「わたしたちは主を見た」というのを聞いても、私は信じなかった。(*1)
師が十字架にはりつけにされたときに釘を打たれた、その手首の傷を見れば信じもしよう。その釘の穴に私の指を入れれば、信じもしよう。あるいは、十字架上で絶命した師のなきがらを不遜にも槍でついた兵がいたが、あのわき腹の傷に私の手を差し入れれば信じもしよう。
しかし、誰よりも師を愛していたと自負する私にとって、何者かが師の名を騙(かた)ったのなら、ゆるすわけにはいかない。その者が、兄弟たちをたぶらかしたとなれば、なおさらだ。

師を愛する一途さのゆえに、以来2000年にわたって「疑う者」呼ばわりされるとは思わなかったが、これも師が受難以前から予告していたことを理解できなかった身の不徳によるとなれば、致し方あるまい。がしかし、私一人が「疑う者」と呼ばれるのは納得いかぬ。
師から、受難と復活の予告を聞かされていたのは、なにも私一人ではない。兄弟みながそうだったではないか。

しかも、確かに私は師から「わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる人は、幸いである。」と言われたが、見るまで信じなかったのも私だけではない。

あの十字架の日の翌々日、師の墓に行った女たちが、御使いから告げられたと言って師のよみがえりを知らせに来た。マグダラのマリアは、「わたしは主を見ました」とまで言った。(*2)
今思えば、あれが師イエスの復活の第一報となったわけだが、あのとき兄弟たちの誰が信じたというのか。ペトロたち二人は、みずから墓を見に行き、師のご遺体が消えうせていることを確認したというのに、ただ驚いただけで信じなかったではないか。

みな、第一報をきいたあとも、「師イエスが処刑されたからには、次は自分たち弟子の番だ」と恐れおののき、家にカギをかけて閉じこもっていた。(*3)
その中の二人などは、ついにエルサレムからエマオへと逃げ出したのだ。

さらに、あえて言おう。兄弟たちは、見たのに信じなかったではないか。

エマオに逃げた二人は、復活された師イエスが途中からともに歩いておられたというのに、信じなかった。しかも師自身から、聖書がメシアについてなんと言っているかを解き明かされながらも信じなかったのだ。二人がやっと気づいたのは、宿に入ったあと、師が食前の祈りをささげたときというありさまだ。(*4)

確かに師が私に仰ったとおり、見ないで信じるほうが、見てから信じるより何倍もまさっている。しかし私は、見た以上は信じたのだ。私と兄弟たちのいったいどちらが、不信仰だろうか。

昔、師が死んだラザロに会いに行くと言ったとき、「師は死にに行くというのか。それなら、一緒に行って師とともに死のう」と言ったときから私は変わっていない。(*5)
ま、あのときはちょっと先走って勘違いしたわけだが、師はなまぬるいよりも熱いか冷たいかのほうがお好みなのだ。(*6)

師が捕縛されたとき、不覚にもみなとともに逃げてしまったが、師が十字架で処刑されたからといって、私は閉じこもったり逃げたりはしない。むしろ、あのとき逃げてしまった悔悟から、私もとらえられ師と同じ苦難をうけることを望んでさえいたのだ(*7)。それで師が兄弟たちのところに現れたとき一緒にいなかったわけだが、何、後の者が先になるのだから後悔はない。

何も兄弟たちの不信仰をあげつらうのが目的ではない。私自身、今は愛する師のおそば近くに仕え、兄弟たち、預言者たち、父祖たち、御使いたちとともに、来るべき日を待っているのだから、誤解されていようとも私自身はかまわない。
しかし当事者として、やはり誤解は解くに越したことはないと思い、こうして反論した次第である。


*1 ヨハネ福音書20章24-25

*2 ルカ福音書23章55-24章12、ヨハネ福音書20章1-18

*3 ヨハネ福音書20章19

*4 ルカ福音書24章13-35

*5 ヨハネ福音書11章11-16

*6 ヨハネ黙示録3章15-16

*7 なぜトマスが他の弟子たちとともに閉じこもっていなかったのかについては、聖書に記録はありません。上記はまったくの想像です。

前へ 上へ 次へ

更新:2003年4月26日

布忠.com